2011年08月13日

63.Civilization Phaze III 1994





civilization_phaze_3.jpg
Civilization Phaze III 1994
文明,第三期
Frank Zappa
(2CD Barking Pumpkin)


preview


disc 1
1."This Is Phaze III" 0:47
2.Put A Motor In Yourself 5:13
3."Oh-Umm" 0:50
4.They Made Me Eat It 1:48
5.Reagan At Bitburg 5:39
6."A Very Nice Body" 1:00
7.Navanax 1:40
8."How The Pigs' Music Works" 1:49
9.Xmas Values 5:31
10."Dark Water!" 0:23
11.Amnerika 3:03
12."Have You Heard Their Band?" 0:38
13.Religious Superstition 0:43
14."Saliva Can Only Take So Much" 0:27
15.Buffalo Voice 5:12
16."Someplace Else Right Now" 0:32
17.Get A Life 2:20
18."A Kayak (On Snow)" 0:28
19.N-Lite 18:00


disc 2
1."I Wish Motorhead Would Come Back" 0:14
2.Secular Humanism 2:41
3."Attack! Attack! Attack!" 1:24
4.I Was In A Drum 3:38
5."A Different Octave" 0:57
6."This Ain't CNN" 3:20
7."The Pigs' Music" 1:17
8.A Pig With Wings 2:52
9."This Is All Wrong" 1:42
10.Hot & Putrid 0:29
11."Flowing Inside-Out" 0:46
12."I Had A Dream About That" 0:27
13.Gross Man 2:54
14."A Tunnel Into Muck" 0:21
15.Why Not? 2:18
16."Put A Little Motor In 'Em" 0:50
17."You're Just Insultin' Me, Aren't You!" 2:13
18."Cold Light Generation" 0:44
19.Dio Fa 8:18
20."That Would Be The End Of That" 0:35
21.Beat The Reaper 15:23
22.Waffenspiel 4:04


どんなアルバムなんでしょう?
Lumpy Grabyを思い出してみてください アレから20数年後の世界



名盤さんの声

・グラミー賞でジャケット賞(だっけ?)を密かに取ったアルバム。

何と言うか、死の匂いがプンプンします。アルバム全体に。
でも、ずーっと聴いていて最後、「Beat The Reaper~Waffenspiel」で
もの凄い開放感に満たされます。闇夜が晴れるような。
その瞬間Frankの魂が天国に昇っていくのが感じ取れる訳です。
電波スマソ


・>死の匂いがプンプンします。アルバム全体に。
確かに。 

パーフェクトストレンジャー、検閲、ジャズフロムヘルときてシンクラビアも
かなりこなれた感じ。 もう機械っぽい音が耳につかない。

でもそのせいか暗闇に漂ってるようなそんな浮遊感がある と俺も電波を発してみる スマン



Dark Water
この言葉の意図するものは一体何なんでしょう?
スティーヴンキングのあれみたいだ。

Amnerika
シンクラビアのサンプリング音源が素晴らしくなってますね。
この音質で是非アルバム「アンクルミート」を聴いてみたかった。
この曲ひたすら美しい。時間を止めるのじゃないかと言う位。
どう美しさを表現したらいいのだろう。
普段気さくな笑顔振りまく片思いのあの娘に真顔で見つめられて
その美しさを再確認しつつ、その娘の顔はこの世で一番美しい事
に気付いて動けなくなる自分がいる。
その美しい顔を永久に自分の物にしたいのでその娘の首を切り取って
眺めて悦にいる。
そんな狂気の中の美しさ。
#最近ホラーばっかり読んでるのでこんな表現ですまんです。

NAVANAX.
ザッパのシンクラヴィアJazz
Eric Dolphyに何かザッパが訴えてる。 そんな気がする。

S.C.O.T.S.M.
灰色なの?
うん、灰色

secular hamanism
のほほーんと聴くとホラー映画のBGMみたい。
でも私にはボッジオのドラムが聴こえてくる。
BlackPageのドラムトラックをミュートしたみたいな感じ。
しっかりとしたリズムが聴こえる。
自然と一拍一拍足踏みしてる自分に気が付いた。


・(2002年)
ホントに文明第3期って店頭にないのけ?
おれも見かけん 中古狙いしなきゃだめ?

オンステージの方をみるとメールオーダーって時間かかりそうだし、
何より自分で探すのが好きだし、、、って結論でてるね  スマソ


445 名前:名盤さん 投稿日:02/10/21 00:30 ID:LlXQ2X8v
・漏れもこのアルバムには死の匂いを感じる 

Beat The Reaper-Waffenspiel。
俺は開放感を感じない 俺のは輸入盤で詳細はわからないが。
これは一体何の音なんだ? 銃声に聞こえる
最後の大戦が終わった後の雰囲気を感じてしまう 
全てが終わったような  
開放感て人それぞれだろうから、「全て終わり」=開放感
それ以後が文明第三期ってのならその考えはわかるような気がする

とにかく俺は真っ暗闇の中を想像してしまうんだな
そんな 少し怖いアルバムだと思う。

全く見当違いだったら恥ずかしいけど


・銃の音です。82年7月のイタリア公演で収録された音とのこと。
コンサート中に軍隊が撃ったんだっけ?忘れた。

で、上で開放感って書いたんですが、
>最後の大戦が終わった後の雰囲気を感じてしまう 
>全てが終わったような

まさにこういうイメージです。映画とかアニメでありそうなんだけど、
荒廃した都市の空の雲の隙間から太陽の光が差し込んでくる情景。


・なるほど わかる 言ってること。

でもそれがでっち上げた音で幻想的ではないのはいいが、
イタリア公演での録音て聴くとちょっと萎える
ってのは 発砲されて逃げ回ってるのってイカレタガキ共でしょ?
それ想像しちゃうなぁ


・文章読むと曲が聴こえてきそう。
未聴のあたしは是非PhazeIII購入しなきゃならない。


・今はBarfkoの通販でしか手に入らないのかなあ。
発売当初はヨーロッパ盤(Zappa Records)があって、
MSIがそれに大山さんの解説と対訳をつけてた。
中古屋にたま〜に並ぶカモ……。



・A Pig With Wings
翼を持った空飛ぶ豚がゆらゆらと飛んでる。
壊れてゆく世界を眺めてるそんな感じ

・Secular Humanism
現世代の人道主義が徐々にゆっくりと崩されてゆき
これで良いのかと苦悩する人々。世界はどんどん壊れて行く。

佳曲です。



・◆Y3A9FZAPPA
PHAZEVってディスクの色も艶消しのブラックで
よりいっそう終末感をたかめてるよねえ
ブックレットのエジプトをモチーフにした絵と
最終ページの皆既日食が視覚的イメージをくすぐりまくり



(´-`).。oO(個人的感想ですが、、、
何人かの方が言っている通り 死の匂いが私にもプンプン匂ってきます。。

ぶっちゃけた話 あまり聴く機会がなかったアルバムでした。。
今回ゆっくり久々に聴いてみました 名盤さんの意見が嬉しい
このスレ立ててホントよかったなー としみじみ

最初は曲と会話を分けて聴いてたけど、最近は会話部分なくして
フェイズ3は成立しないと思うくらい溶け込んで聞こえるようになってきますた
(当たり前ですねー そういう風につくってあるんだし。。。)

そんなに聴いてなかったのに早くもジャケはボロボロですが。。

act twoの最後は一体どういうことなのか? あぁぁぁ国内盤買えば良かったぁぁぁ


じゃ、ブックレットの台本の対訳の最後の部分を書き出しておくね。

22・戦争ごっこ
ピアノの外側では人生が続く − さらなる雨、興奮する犬、
自動銃器の発射、交通、ビル破壊など。死神は、前作品の
踊り手たちの心配をはるかに越えて、否応なしに彼らの前に
(自動車のドアがバタンと閉じる時に)到着する。第二幕は、
観客に毒物を噴霧する農薬空中散布の飛行機の大きな模型
で終わる。



「第三期」って、つまりは

Phaze I: We're Only In It For Money
Phaze II: Lumpy Gravy
Phaze III: Civilization

ってことなんだよね? ランピー当時の頓珍漢な会話テープも入ってるし。
でも曲はランピーほど細かい断片じゃないし、一曲ごとに独立してる感じ。

後半になると'90年代に入って録音された新録の会話も入ってくる。
いろんな国の人が各国語でお互い通じないままに喋ってて、
ひどく混沌とした雰囲気・・・・。

聴きやすいアルバムじゃないかもしれないけど、聴きごたえはある。
漏れが好きな曲はPut A Motor In Yourself(カコイイ!)





Civilization Phaze III  1994年12月リリース(CDのみ)

実質Frank Zappa最後のアルバムです


人気曲はamnerika、Put A Motor In Yourselfなどなど
初心者さんにはあまりオススメできないけど、聴き応えはばっちりです





nose-FZ.jpg

・ノブ
Frank Zappa(フランク・ザッパ)
1940に生まれ、1993年に死去したアメリカの作曲家。
ギター・マスターとしても知られる。
1966年にマザーズ・オブ・インベンションとしてデビューしたのが実質上のデビュー。
多作であり生涯に60作品以上のオフィシャルな音楽作品を発表したが、それさえも彼のごく一部部でしかあ りえないほどの仕事をこなした。
死後も発表し切れなかった作品が家族によって発表され続けている。
その作品群は遺作となった「イエロー・シャーク」に代表される前衛的なクラシックを基本とするが、非常 に美しい旋律、または心を捉えるメロディーをともなう。
またその作品を調理する技に非常に長けており、ロックやジャズの作品へと変容された作品を多数発表して いる。
作品は高度な技能を要求する作品が多く、自身のギターはもちろん他の演奏者も非常に高度なテクニックを 要求したが、決して音楽的魅力の乏しい技能的な作品には陥らず、終始一貫してクオリティの高い作品を発 表し続けた。
また音楽とは直接関係しないが、責任ある自由への強い志しと意志を持ち、よく勉強しそれを実践した。
自由に対する間違った解釈である薬物を使用する自身のメンバーに対する徹底した毅然たる態度、自由の根 幹をなす政治に対する意思表示として自身のコンサートでの選挙権の取得への登録書類を用意した上での訴 えなど、自由に対する一貫性のある態度を示し続けた。






posted by ゲイル(偽者) at 13:36| Comment(0) | OriginalAlbum1991-1996 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

62.Yellow Shark 1993





yellow-shark.jpg
The Yellow Shark 1993
Zappa/Ensemble Modern
(1CD Barking Pumpkin )

(´-`).。oO(確か国内盤あったハズ



最後の最後に最強のマザース、アンサンブル・モデルン登場

1.Intro 1:43
2.Dog Breath Variations 2:06
3.Uncle Meat 3:24
4.Outrage At Valdez 3:27
5.Times Beach II 7:30
6.III Revised 1:44
7.The Girl In The Magnesium Dress 4:33
8.Be-Bop Tango 3:43
9.Ruth Is Sleeping 6:06
10.None Of The Above 2:06
11.Pentagon Afternoon 2:27
12.Questi Cazzi Di Piccione 3:02
13.Times Beach III 4:25
14.Food Gathering In Post-Industrial America, 1992 2:48
15.Welcome To The United States 6:41
16.Pound For A Brown 2:12
17.Exercise #4 1:37
18.Get Whitey 7:00
19.G-Spot Tornado 5:17


事前に情報は得ていましたが、ジャケの写真にはショック。。。



どんなアルバムなんでしょう?

演奏アンサンブル・モデルン、1992年ドイツ公演を収録




「ZAPPAのオーケストラもの? パスでしょ」
「いや ちょっとまて。 今までのオーケストラものとはちょっと違うんだ」
「えー 上手いんだけど心ココにあらずのやつでしょ? だからパス」
「いや ちょっと待て。 これはマザーズだ。 マザーズ・オブ・インベンションだ。
 オリジナルのメンバーはいないけど、信じられないと思うけど"ガッツのあるマザーズ"だ。」

「えー うそだー じゃあ Louie Louie演ってる?」
「・・・・・・・・・・・・・演ってる」
「はい、嘘ー。 オーケストラがLouie Louie演るわけねーだろー このMotherf*#@%!」



名盤さんの声

・>GET WHITEY
個人的にはYellow Sharkの中で、というかザッパの曲の中で一番好きな曲です
(FZの命日には必ず聴くようにしてます)

亡くなる二週間前に輸入盤で買いました、当時は前立腺癌の事は何も知らなかったので
「FZも老けたなあ」程度にしか思ってなかったのですが……





・Intro
拍手喝采でザッパが今晩の秘密の合い言葉を知らせる。
引き金を引くと銃の先がひかり、電子音が鳴る あれが合い言葉。

Dog Breath Variations、UncleMeat
アルバムUncle Meatより。実に美しいメドレー。
Knock Outされてください!

Outrage At Valdes
アラスカで起きたエクソン=ヴァルデズの石油もれ事故の
ドキュメンタリ映画のテーマ曲。 
シンプルなメロディだが
もの悲しさが漂う。佳曲。 
拍手なりやまず。

Times Beach II
環境汚染された町について書かれた曲
シュトクハウゼンの現代曲にも通じそうだが
エリックドルフィバーベキューメモリアルにも通ずるし
popな断片的メロディもある。

III Revised
クロノスクアルテットの依頼により書かれた作品のヴァリエーション。
時間が凍りつくような恐さと同時に壊れているようだが実はなんとも
言えぬ美しさがある。

The Girl In The Magnesium Dress
Perfect strangerにてシンクラビアで演奏された曲。
スティーブンキングのITを読んでいく感じ。
最初はよく分からないけど曲が進むにつれ凄さが分かる。

Be-Bop Tango
ザッパ好きな人は知ってる曲
アンサンブルモダーンならではのかっこいい演奏。
拍手なりやまず。

Ruth Is Sleeping
ピアノ独奏曲
バルトークの曲にも通ずるかも。
しかしルースがリハーサルの時マリンバの下で居眠りしてた事が
この曲になるとは,意外だ。

None Of The Above
クロノスクアルテットに依頼されて書いた曲
かっこいい!!!

None Of The Above.Pentagon Afternoon、Questi Cazzi Di Piccione
None Of The Above同様緊張感ありあり。
デレクベイリー&デイブホランドの即興演奏にも通じるが
こちらは書き譜だ!最後は光線銃の音だ。サッパの勝ち。

Times Beach III
ポールギャリコのスノーグースの冒頭のような
もの静かで何の変哲も無いそんな情景
これからが悲しい物語の始まり。
None Of The AboveからTimes Beach IIIで一曲で聞いてみて。
Food Gathering In Post-Industrial America
Welcome To The United States
作詞はアメリカ合衆国政府だね。
アメリカに行ったことあるひとは分かるだろうあのカードを
ここまで音楽にした人はザッパ以外にいないよね。


Pound For A Brown
ビバルディの曲の様な美しさから始まり
マリンバはこの世の終わりみたい
でも美しい曲、拍手終わらず

Pound For A Brown、
Exercise #4、
Get Whitey
静かな美しい曲
時々現代音楽に行きそうになるけど美しさを保っている。
素朴で奇麗なメロディが一杯

G-Spot Tornado
G-Spotの意味は分からない事にしておく
生身の人間がこの曲に手を出したのは凄すぎ


・G-Spot Tornado が演奏されるまでの逸話、モデルンのガッツに涙


・いやぁねぇ。このアルバム凄いよ。凄い良い。
というか、どうしてもこの直後のZappaの死を思い出して鬱になりがちなんだけど…


・音もなんとなく死をイメージさせるような、シビライゼーションフェイズIIIもそうなんだけど…
死をイメージさせるんだけどなんというか、最後に希望が訪れる感じ。ワケワカだけど。好き。


・ルイ・ルイのイントロに乗り出した人も多いはず


・ザッパのオーケストラものはこれ一つ持ってりゃ十分、って気もするんだが。

LSOだのパーフェクトストレンジャーだのは後回しでいいよ。
いくら有名オーケストラがやってるっていっても、なんかノリが悪いんだもん。
演奏者の熱気が伝わってくるのは黄鮫ぐらいじゃないかなあ。


・Food Gathering In Post-Industrial America, 1992 で、
"answer,yes or no?"と訊かれて "yes or no!"って答えちゃう客のノリがステキ
日本で同じ曲をやったときは最前列の客はなんも答えらんなかったなあ……。


・アンサンブル・モデルンの日本公演で"Welcome To The United States"を演った時、
(観客のノリを高めようとして)俺は演奏にあわせて勝手に手拍子をしてしまいました。 すみません。
他の曲と違って、これはただおとなしく座って聴くような曲じゃないとその時思ったもので
(俺の他にも手拍子する人は居たようでしたが)……


・ゲイルさんとうとうTheYellowSharkまで来ましたね。
ありがとう&おつかれさまです。今TheYellowSharkを聴きながら書いていてます。
私が小学生の頃近所のおにいさんにフリークアウトをリアルタイムで聞かされ何だか
へんてこな音楽だなと感じ、その後中学生になってギターが好きになって
またもや近所のおにいさんにこの前ザッパが来日した時の演奏が入ってるLPだと言ってブラックナプキンズを聞かされてノックアウト!一所懸命コピーしようとしたよ。
それからザッパの音楽とつかず離れず気が向くとザッパを聞いてきた。

私がザッパの音楽に初めて出会って20数年経った12月のあの日、
近所の喫茶店で新聞読んでいたらザッパの死亡記事があってMilesDavisが亡くなったあの日曜以上に
ガクッとしてる自分に気が付いた。
ザッパに出くわさなければクラシックや現代音楽のファンには私はなり得なかったし
ユーモアも持ち合わせ無かった気がする。
あの12月の寒いあの日はとても悲しかった。

ザッパが亡くなってBMGから日本語の解説文が付いた The Yellow Shark発売日に購入した。
そしてさり気なく芸大の作曲科卒の知り合いに聞かせてみたら
(玄関で靴ひもほどいた頃に大きな音でCDかけたら)
凄い!この作曲は誰!演奏は誰!
素晴らしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
「おいM、靴脱げよなあ」<私
TheYellowSharkはザッパのファンでも、クラシックのファンでも
JーPOPでもなんでもいいけど、是非聞いて欲しい。
音楽をジャンル分けするくだらなさがザッパ聞くとわかる


・◆Y3A9FZAPPA
なんかいい話だな


yellow.jpg


・こんばんは!
(´-`).。oO(個人的感想ですが、、
私がZappaの死を知ったのは学生の時、英会話の時間でした。 
話題は好きなアーティスト(ミュージシャンでなくて)の話になり、私が勇気を出して
「フランク・ザッパ」と答えたところ、先生が「彼は死にました」とあっさり。  ガクー
(微妙な言い回しは出来ない先生でした)
その授業はザパの逝った日の翌日でした。 これにはかなりショックで落ち込みました。。。

落ち込む私に「気持ちはわかります。 私もヒッピーだったから」と慰めてくれた。 
(が、! 先生。。ザパのこと誤解しとるでー Zappa、ヒッピー嫌いだもん。)

(´-`).。oO(個人的感想になりませんでした。。


・◆Y3A9FZAPPA
先生がFZを知ってたってことだけでも貴重なことだ
オレの連れは片岡洋にあったらしいが(彼は数学のセンセだったっけ?


・年内(当時2002年)にモデルンによるグレゴリー・ペッカリーが出るみたいだね


・ぬ、要チェックかも。


・アレはザッパ本人も、ライブではまともに演奏をしたことが無かったらしいからな。
EMって、やっぱりバカ?(w


・◆Y3A9FZAPPA
どこから出るん?

まバカというか、FZの曲を演奏することができる(公式に)グループなの?
ゲイルが許可してるわけだよね?


・モデルンのザッパ演奏3作目はオンステージでも話題になってましたね
とりあえずそれでザッパの曲は一段落みたいです
イエロシャークがとてつもなく良いので期待してます
2作目も良かったです   ドゥイーンとかアムネリカとか朗読とか。

モデルンはTimes Beach II やWelcome To The United States を聴いてると
本当ににマザースみたいです  しかも最強の。
イエローシャークではやっぱりGスポットの竜巻が好きです


>>ザッパのオーケストラものはこれ一つ持ってりゃ十分、って気もするんだが。
に同意です 


・Outrage At Valdesはイイ曲だな。ウン、純粋にいい曲だ。


・>>Pound For A Brown、Exercise #4、Get Whitey

の"Exercise #4"ってJean-Luc Ponty在籍時の1973年バンドで
Excercise #4 - Dog Breath Variations - Uncle Meat
ってなメドレーでよくやっていたね。


・Pentagon Afternoon
ライナーノーツ読んでみてこの曲の最後の光線銃は
そういうことだったのかと納得。以下大雑把な意訳。
死の商人(弦楽五重奏)が午後のペンタゴンにて
次の攻撃目標やら対戦相手やらどんな武器を使おうかと
テーブルを囲んで相談している。
弦楽五重奏扮する死の商人達は演奏していないメンバー
(平和主義の人?)に光線銃で打たれ、椅子からずり落ちる。
ザッパが生きていたらブッシュを叩いていたんだろうなと思う。
私にとって感慨深い曲になってしまった。



・Ruth Is Sleeping
ピアノ独奏曲じゃ無くて二台のピアノでやってるね


・面白いスレ発見。書き込むぞ!と思いきや、もうイエローシャークか。
やっぱりG-SPOT最高!JAZZ FROM HELL バージョン越えてる。
アンサンブルモデルン、やばい。
超うまい。


・(´-`).。oO(こんばんは
みなさんサンキューです 私のは輸入盤なので助かります  
初めて知ったこともあり、助かります 
いやホントDog Breath Variations、UncleMeat は美しい

G-Spot Tornado は、アメリカでのリハで、一旦Zappaが没と判断、
しかしモデルンの何人かは自費でアメリカに残り練習を続けた
その甲斐あってG-Spot Tornadoはコンサートのレパートリーなり、
最後にはアンコールで演奏されるまでになりました。


・この曲にチャレンジしたアンサンブルモダーン凄すぎ!
聞いた事無い人はノックアウトされて!



The Yellow Shark  1993年11月リリース

・演奏はEnsemble Modern/アンサンブル・モデルン(ドイツ)

・他のオーケストラものに比べテンションが段違い。 初心者にもオススメ度が高いと思いまっす
大山甲日氏による、大ザッパ論(工作舎)の中の「ザ・イエロー・シャーク」初演鑑賞旅行もドゾ  

いやー、、、 オーケストラ、ロックバンド なんてカテゴライズはこのアルバムではどうでもよいことですねー
 

Yellow Sharkは存命中リリースされた最後のアルバム。 1993年12月4日午後6時頃 
最後のツアーに旅立ちました  享年52歳


Zappaを聴いたことが無い人もいきなり最初の一枚としてもOK
だけど店頭ではちょびっと入手困難


(すみません 今日6月13日タワーに行ったら普通に売ってました すみません)


つまり 買い時






posted by ゲイル(偽者) at 02:21| Comment(0) | OriginalAlbum1991-1996 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。