2011年02月06日

番外編 BTB At The Circus 1992





BTB-atthecircus_medium.jpeg
At The Circus 1992
Frank Zappa
(1CD)


●どんなアルバムなんでしょう?
ブートレグ(海賊盤)を正規でリリースするBeat the bootsシリーズ第2弾 その4
ドイツでテレビ放送されたヤツと後半はオランダのテレビで放送されたヤツからの音源

A Pound For A Brown (On The Bus)
Baby Snakes
Dancin' Fool
Easy Meat
Honey, Don't You Want A Man Like Me?
Mother People
Wonderful Wino (FZ/Simmons)
Why Does It Hurt When I Pee?
Seal Call Fusion Music
Bobby Brown
I'm On Duty
Conehead

Mother People
Wonderful Wino
この2曲がオランダ、Uddelのライブ。
1970年、フロー&エディーの頃、ジェフ・シモンズもいた頃で彼の声も聞こえます。
それ以外は1978年のミュンヘンでのライブ。
ユーなんとかチューブで映像も観られるヤツです



(´-`).。oO( 1978年のライブかと思いきや突然その8年くらい前の音源が現れる、
これもまたブートレグ。

前半はトラックのケツは切れてい、、、ると思ったら次の曲の頭にまたいでいる。
ミックスはボーカルが前面に出過ぎている
音は良くも悪くもないがいつものように初心者さんにはまったくオススメできないシロモノ。

聴き所はSeal Call Fusion MusicとI'm On Duty  といっても期待しすぎてはいけない


iTunesで購入できます  が、(以下略


posted by ゲイル(偽者) at 03:20| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

番外編 BTB Swiss Cheese, Fire! 1992





Swiss Cheese / Fire!
Frank Zappa

(元は別々で売り出されていたようです 1LP /1CD x2 )



●どんなアルバムなんでしょう? 
Beat The Boots!第2弾 その5 1971年のフロ&エディ期のライブを収録
雑派大魔神スイス、モントルーで被弾 

・1971年 ◆hxKwoyM9uo
12月4日 問題のスイスはジュネーブのモントルー・デ・カジノでのライブ
ドン・プレストンのキング・コングのソロの最中、観客が放った花火が天井に燃え広がり
ショーは当然その時点で中止。 また建物のエアコン・システムも爆発。 幸い死者はいませんでした
この事故でマザーズは殆どの機材を失う羽目になる。


という日のライブでしてこの盤は「終わりが切れてる。いかにもブートレグ的」とは別の意味で終了します
ちなみにこの日のことを詩に詠んだ方々もいます

俺たちゃモントレーにやって来た
ジュネーブ湖畔さ
モービルでレコード作りにさ
俺達時間が無くて
フランクザッパとマザーズが
そこらじゃ一番いい場所にいた
だけどどっかのバカが銃を撃って
あたりは火の海
湖上に煙〜 空には炎



btb-swiss.jpg
Swiss Cheese
1.Intro 14:21
2.Peaches En Regalia 3:27
3.Tears Began To Fall 5:59 / She Painted Up Her Face / Half-A-Dozen Provocative Squats
4.Call Any Vegetable 9:55
5.Anyway The Wind Blows 3:44

1、はサウンドチェックのような音からどんどん人が増えていき、楽器が重なっていきます カッコイイっす。
3、アルバム、フィルモア'71の最後を飾るこの名曲は、コンサートの序盤に演奏されてたんですねー 
そこからShe Painted Up Her Faceになだれ込んでいきます


btb-fire.jpg
Fire!
1.Magdalena / Dog Breath 9:49
2.Sofa / Stick It Out/ Divan18:06
3.A Pound For A Brown (On The Bus) 7:07
4.Wonderful Wino / Sharleena / Cruisin' For Burgers 12:37
5.King Kong 1:24
6.Fire! 1:55

1は「L.A.から来たバンド」よりもカッコよかったりします 歌詞はトホホですが。。
2で早くもStick It Outを演ってます 後にジョーのガレージに収録
ここまでかなりの日程をこなしており、演奏は非常に良いです
6はキングコングのソロ。 演奏は止まり、 観客のざわめき、 
「火事だぁ。。」って言っております

以上、
音質も良いし、演奏も良いし、記録的価値としても意味のある本アルバム、
こちらのアルバムもiTunes Storeでダウンロード販売されております



この後マザーズは機材をかき集め ツアー続行
何公演かはキャンセルしましたがイギリスのレインボーシアターで復活。 ライブを行います。
が、しかし、またこの日にも事件勃発。
詳しくはL.A.から来たバンドへ・・・・



posted by ゲイル(偽者) at 14:29| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

番外編BTB Our Man In Nirvana 1992 "beat the boos" 1968





BTB-ourman.jpg

Our Man In Nirvana
Frank Zappa
(2LP / 1CD)


1.Feet Light Up 1:16
2.Bacon Fat 4:58
3.A Pound For A Brown On The Bus 8:27
4.Sleeping In A Jar 17:16
5.The Wild Man Fischer Story (Fischer) 3:28
6.I'm The Meany (Fischer) 2:03
7.Valarie 2:17
8.King Kong 30:59


●どんなアルバムなんでしょう?
ブートレグ(海賊盤)を正規でリリースするBeat the bootsシリーズ第2弾 その6
1968年のマザーズ・オブ・インベンションのライブです


音は良いです
1はMC 2のベーコン・ファットはマザースの定番カバーっぽいようで結構当時のブートに収録されてます
正規盤では'88年バンドのライブですがBroadway The Hard Wayに収録
3.A Pound For A Brown。 この曲はホンっっっっとにいろんなライブアルバムに収録さてます
 ちなみにブツっと切れてます  やっぱブートですね
テープがゆっくりと正常なピッチになるようにフェイド・イン。。。 曲の途中からっす
 次の曲に繋がるような雰囲気ですがフェイドアウト。
5はゲスト・ボーカルでワイルド・マン・フィッシャーが登場  
6もフィッシャー。 、、、、、、。 何だこりゃ。。。 フィッシャーの一人舞台。
8は最後の方で盛り上がって来るのだが、、、フェイドアウト。。。。。。  なんじゃこらー 





posted by ゲイル(偽者) at 03:01| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。