2010年11月20日

番外編BTB 'Tis The Season To Be Jelly 





tis_the_season_to_be_jelly.jpg
'Tis The Season To Be Jelly 1991
雑派大魔神スェーデンで逆上
Frank Zappa
(1LP / 1CD)

●どんなアルバムなんでしょう?
ブートレグ(海賊盤)を正規でリリースするBeat the bootsシリーズ6枚目
1967年9月30日の録音 
これも音は悪くないです
オリジナル・マザーズ時代の音源です

1.You Didn't Try To Call Me 3:13
2.Petroushka0:52
3.Bristol Stomp 0:45
4.Baby Love 0:47
5.Big Leg Emma 2:08
6.No Matter What You Do (Tchaikovsky's 6th) 2:41
7.Blue Suede Shoes 0:53
8.Hound Dog 0:14
9.Gee 1:52
10.King Kong 14:18
11.It Can't Happen Here9:18

iTunes storeでダウンロード販売しております


今回のシリーズ8作品のうち一番古い録音  
なのに、なのに音は悪くないです(これも盗んだテープなんでしょうか?)
ジャケットのイラストも完成度高く割と面白かったりして、ブートっぽくない作り。
(某ファンジンからのパクリですね)


・70年代にFMで放送された音源なんで、音質いいみたい。

なになに・・・
「この日ザッパはすごく体調が悪かったけど、ライヴ録音が放送される
予定だったのでがんばって演奏した。でも短時間でステージから降りて
残りのメンバーが演奏を続けた」
とな・・・


1.you didn't try to call me
確かに曲紹介の時調子悪そう
2.Petroushkaはストラビンスキーのカバー(?)
ここからからBig Leg Emmaまでメドレ〜
3.Bristol Stomp The Dovells、61年の大ヒット曲のカバー
4.Baby Love これはあのシュープリームスの大ヒット曲
メドレーの最後はBig Leg Emma。 
このメドレー(・∀・)イイ!っす
そうそう、、このツアーにはレイ・コリンズが参加してます
説明不要超有名曲Blue Suede Shoes、カール・パーキンス
Hound Dogのカバー。
Geeはクロウズっていうグループのちょびっとヒットした曲。
そういやここらへんもメドレ〜です。
音質はブレることなく全編に渡り安定してます
最後はキンコン、it can't happen hereで終了 、、、、


posted by ゲイル(偽者) at 01:51| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

番外編BTB Saarbruken 1978





Saarbrucken1978Mcover.jpg
Saarbruken 1978 1991
雑派大魔神ザールブリュッケンで激昂
Frank Zappa
(2LP / 1CD)

どんなアルバムなんでしょう?
ブートレグ(海賊盤)を正規でリリースするBeat the bootsシリーズその7
ドイツでのライブです

1.Dancin' Fool 3:42
2.Easy Meat 5:05
3.Honey, Don't You Want A Man Like Me? 4:15
4.Keep It Greasy 3:31
5.Village Of The Sun 6:20
6.The Meek Shall Inherit Nothing 3:45
7.City Of Tiny Lights 6:43
8.Pound For A Brown 6:36
9.Bobby Brown 2:56
10.Conehead 3:33
11.Flakes 5:01
12.Magic Fingers 2:30
13.Don't Eat The Yellow Snow 3:52
14.Nanook Rubs It 1:47
15.St. Alfonzo's Pancake Breakfast / Father O'Blivion/  Rollo  6:42
16.Bamboozled By Love 6:45

iTunes storeでダウンロード販売しております


これも評判イイブートっす  
オリジナル・ブートのレーベルは Trade Mark of Quality。 

聴きなれた曲が並んでますが、熱い演奏が繰り広げられるっす
78年バンドですがエイドリアン・ブリューはいません ククルーロもいません
メンツはIke Willis, Denny Walley,Arthur Barrow, Vinnie Colaiuta, Ed Mann,
Tommy Mars, Peter Wolf とZappa

ブート的な珍しい曲といえば11曲目Flakesでしょうか? 
誰が歌ってるんだろう? デニー・ウォーリーかなぁ
あと久々のVillage Of The Sun、それにThe Meek Shall Inherit Nothingかな。
演奏はとてもイイのですがこれもやはり音が、、、オフィシャルに比べちゃうと 
悪いですハイ

しかし.St. Alfonzo's Pancake Breakfast〜Father O'Blivion〜 Rolloのメドレーは
リリースされてるライブものでは最強ヴァージョンかと。
(オフィシャルで出てるライブはこれとYCDTOSA のと合わせて2つだけですけど)。

音質が悪いので・・・といってもブートレグでは割と良い方・・・初心者の方には
オススメはしません

では ざっと 個人的感想ですが
Dancin' Fool
正規物シークヤブーティよりも「気にしなーい」は日本語っぽいコーラスになっております

Keep It GreasyからPound For A Brownまであっという間。 聞き惚れてしまう

Conehead ギターソロがカコヨイ 


Flakes 

Don't Eat The Yellow Snow〜Nanook Rubs It〜
St. Alfonzo's Pancake Breakfast / Father O'Blivion/  Rollo
この黄色い雪は熱い演奏です
you can't do that on stageシリーズのVol.1にほぼ同じメンバー(1978)での黄色い雪が収録されていますが
こちらは「庭が欲しい」がない分だけコンパクト。
音はちょっと・・ですが、客席録音でもないですし、整理されてない音は逆に迫力がある
と言えなくもなく 
このヴァージョンの方を好む人も多いかもしれません




posted by ゲイル(偽者) at 13:14| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

番外編BTB Piquantique





piquantique.jpg
Piquantique 1991
ストックホルムで激憤 + シドニーで憤慨
Frank Zappa
(1LP / 1CD)


●どんなアルバムなんでしょう?
ブートレグ(海賊盤)を正規でリリースするBeat the bootsシリーズ8枚目
「あのー ロッキンなブートしかないんですかー?」
そんなフロー&エディー以降、酋長手前のインスト曲がお好きな方のための音源でございます

邦題の通り2つの場所のライブが合わさってます。 
73年の録音。 当時バンドにはリードボーカルがおらず、
インスト主体の構成。 
メンツはZappa、
ジャン・リュック・ポンティvio、
ブルース・ファウラーtb、
ジョージ・デュークkbd、
ルースper、
トム・ファウラーb、
ラルフ・ハンフリーdsの8人編成。

(あ、リードボーカルをとれる人がいない訳じゃないですね・・デュークいますもんね)

これもあまり音はよくありませんです ハイ


1.Kung Fu 2:13 (Eric Dolphy Memorial Barbecue)
2.Redunzl 4:26
3.Dupree's Paradise 11:26
4.T'Mershi Duween 1:55
5.Farther O'Blivion 20:42  (Steno Pool/ Be-Bop Tango/ Cucamonga)

iTunes storeでダウンロード販売しております



これにてBeat The Boots第一弾は終わりっす 
海賊盤を正規盤化ってことで演奏はともかく音質はあまりよくありません。
初心者さんは気をつけて下さいね


posted by ゲイル(偽者) at 22:18| Comment(0) | 番外編 Beat The Boots | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。