2009年05月27日

4. LUMPY GRAVY





lumpy.jpg

LUMPY GRAVY
Frank Zappa

1LP / 1CD

1. LUMPY GRAVY PART ONE 15:48
The Way I See It, Barry
Duodenum
Oh No
Bit Of Nostalgia
It's From Kansas
Bored Out 90 Over
Almost Chinese
Switching Girls
Oh No Again
At The Gas Station
Another Pickup
I Don't Know If I Can Go Through This Again

2. LUMPY GRAVY PART TWO 15:51
Very Distraughtening
White Ugliness
Amen
Just One More Time
A Vicious Circle
King Kong
Drums Are Too Noisy
Kangaroos
Envelops The Bath Tub
Take Your Clothes Off
2012 UM盤
前のCDとマスターテープは同じ







・The mothers of invention名義ではなくFrank Zappa名義の
 (一応)初のソロアルバム

・初CD化の際にはWe're Only In It For The Moneyとカップリングされた2in1の形で
出ましたが、93年マスター(承認マスター)では単体でリリース 



・1966年終わり頃
'66年の秋頃にキャピトル・レコードのニック・ベネットがザッパに
オーケストラ・アルバムを依頼する。
ニックはザッパがMGMの専属ミュージシャンでも、演奏していなければOKだろうと
踏んでいた。 

・ザッパ わずか11日間で作曲を終える。
・'66年12月にロスのキャピトル・スタジオで録音、'67年にもニューヨークで
録音し、完成に至る。

・1967年のはじめ 問題発生
MGMはキャピトルに「リリースはウチの専属ミュージシャンだから駄目〜 駄目駄目」と
キャピトルに横槍。

(・ε・)訴訟になりかけたが示談が成立、MGMが4トラックのマスター・テープを
買い取ることになり、その後、秋頃ザッパが手を加え完成。
リリースの運びとなりました

ちなみに キャピトルはMGMに売り渡したテープはコピー(・∀・)。 
オリジナル・マスターは現在もキャピトルに保管されている。 

どうするんでしょう? 
いつか自分の所で売るのかな?? 




・ランピーって会話とかの歌詞カードと和訳付いてますか?

・もちろん 編集でいろんな会話をくっつけたみたいだから意味不明だけどw

・「レコードコレクターズ」MAR.,1994 Vol.13, No.3
[特集]永遠のフランク・ザッパ
オリジナル・アルバム・ガイド より 抜粋

Lumpy Gravy

68年5月にリリースされた初のソロ名義のアルバム。
始めてオーケストラを使ってレコーディングされた作品であり、
”編集の鬼”であるザッパの手腕がいかんなく発揮された作品でもある。
本作における、お喋りなどさまざまな素材の断片をコラージュするといった方法論は、
ジャン=リュック・ゴダールやジョン・ゾーン、ダブ、あるいはヒップ・ホップやハウスの
   DJの音楽の作り方と比較されるべきものである。
端的に言えば、これは、音(無論、音楽も含む)のモンタージュだ。
事実、ここでは、音楽とお喋りがまったく等価なものとして扱われている。




LUMPY GRAVY
このアルバムはテープコラージュによりアルバム全部で一曲という構成になっています。
FZはしゃべりのみで演奏はしていません。FZはスコアを用意し、スタジオミュージシャン、
オーケストラに演奏させて、その音源をミックス、編集技術でアルバム一枚を一曲にして
聴かせてくれます。FZはレコード会社からまともな音楽の制作を依頼されこのアルバムを
制作したそうです。ストリングスが入った曲はLSOやYellowSharkにすでに通ずる曲です。
FZは最初からFZだった事に沢山FZの音楽聴いて気付きます。

前作より"Take Your Clothes Off" がインストで演奏され、
そしてこれ以降のアルバムでも何度も演奏される"Oh No"
"King Kong"がこのアルバムで初めて演奏されています。


それと一応このアルバムにもクラプトンの名が。
あ、クレジットないけどビーフハート隊長の名も。

で、実際 感想はどうよ?


・俺の感想

意味不明なテープコラージュが好きなんで、結構気に入ってる
ストック・ハウゼン(シュトックに非ず)&ウォークマンとかも好きだし。
まあ、この二人を比較なんて出来ないけど、こういう音楽好きならイケルよ
特に前半。 絶妙

うpされた音にはあまり入ってないけど、結構会話の時間も多い
適度に音が挟まってるので間延びしては聴こえないと思う。
上に書き忘れたけど 聞き取りアダム・カウフマン 訳、茂木さん。 
ゴールデンコンビ。


・本人承認のオリジナル最終作civilization phaze 3でもこの時のおしゃべりが
使われていますね。そこで「ピアノの中に入って」話したのを録音した、
と書いていますが、実際の所どこに入るところがあるの?あの弦があるところ
にそんなスペースがあるの?

・Phaze 3でも使われてるしゃべりの部分LUMPY GRAVY PART TWO の
頭から6:25まで繰り返し聴いての憶測ですが、

先ずは蓋を全開にしたグランドピアノの形を想像して下さい。
しゃべってる人達は鍵盤と反対側に並んでピアノの蓋の下に
体を入れて弦が目の前に見える距離で弦に向かって顔を向け
喋っています。
次にそのグランドピアノのサスティーンペダルは踏みっぱなしです。
(多分、サスティーンペダルに重石でも置いたのでしょう)

この理由は大音量で残響音を聴くと半音階が連なってるからです。
また、しゃべりがやたらとブーミーなのも低音弦と蓋と共鳴板の
共振のせいだと憶測します。
更に憶測するとピアノはNY,スタンウエイ、マイクの位置は
真ん中のドから一オクターブ下のソ、同様に一オクターブ上のソの
延長線に、ピアノの全長の1/3当たりにノイマンの67,もしくは
M269をピアノ弦にかなり近付けてセットして
ハンマーの上,真ん中のドのハンマーの上にMS方式のステレオマイク
例えば、AKGのC-12などを使って残響を拾いミックスしたのでは?
と妄想したりします。


・サステインペダルには砂袋を乗せて録音したようです。
それにしても鋭い考察ですね。


・素晴らしい考察ですね。ありがとうございます。だからEMのメンバーが
「Cの住人」とか言ってたのですね。
ところでWOIIFMの裏ジャケでザッパがIs this Phase one of Lumpy Gravy?
と言ってますよね。これはこの三作品のつながりを表すモノだと思いますが
単に音素材の使い回しの話なのでしょうか?


・アンサンブルモダーンのメンバーがどう発言したのか解りかねますが
169での考察はあくまで、私がCDを聴いて想像したに過ぎません。
真ん中の『ド』の鍵盤を中心に説明したのは、理解されやすいかな?
っていう以上の意味は無いです。あくまで私の推測です。
(私がLUMPY GRAVYのしゃべり部分をピアノをエフェクタとして
用いて録音するなら、169で書いた事を基本にすれば近い音が録れる
と、私が感じただけです。)
ということで、鵜呑みにはしないで下さい。
#コンソールはAPI,テレコはAMPEXじゃなかとますます妄想してます:-)


・文明第三期のDisc1 3曲目、ロイとルイの会話でした。勘違いでした。
「もうそこにはおれないんだよ、どうだ、試すのはGをためすのは」
「お前はEに言ってそのままEにずっといるのがいい、そしたら、お前、
絶対に世界を見なくなるよ」(MSI盤より)
となっています。やっぱり移動しながら話したのでしょうか?
また文明第三期のライナーでは2本のノイマンU-87'sを厚い布で来るんでピアノの中に
詰め込んだ、とあります。
ピアノはアポストリックスタジヲにあったモノだそうで調べれば分かりそうです。


・LUMPY GRAVYのしゃべり部分を聴く限り音像が移動してるのは
マイクに対する立ち位置の変化だと私は感じますが、
190さんがいろいろ調べて真実にたどり着くように思います。
私はあくまで音を聴いてのみ判断してますので…。
後はよろしく。


・追加
寡聞にして私はノイマンU-87'sというマイクロフォンは存じません。


・「文明第3期」大山甲日氏の訳注より、抜粋

U-87'Sについての訳注

U-87'sは自伝本「ザ・リアル・フランク・ザッパ」の第3章の終わりに出てくる。
そこではノイマンのハンドマイクとある。
しかし本当にそういう品番のマイクがあるのかどうかはわからない。
(以下、「ジョーのガレージ」に出てくるU-47という品番のマイクとドイツのUボートU-47との関連について)


・追記

「ジョーのガレージ」の「仲間専属共用女」に出てくるU-47という品番のマイクをテレフォンケンが作っている事実は確認できなかったそうである。

U-87'Sという品番も創作の可能性がある


・テレフンケン・U47・・・ ユー・ラヴ・イット・・・

ウィズ・ラザー?フフフ


・U87もU47も超有名な定番マイクです。どっちもノイマン。
これって調べるまでもなく無い?
ちょっとびっくりした。
確認作業なんて何にもやってないよ、きっと。
友達に訊くか楽器屋に訊くかすれば良いのに。


・テレフンケンU-47でぐぐると出てくるね。


・すんません、書いてある事転記しただけだから。
ちょっとは調べりゃよかったな。

・大山甲日さんがそういう文章書いてるのにびっくりしたんですよ。
別に誰も非難するつもりは無いんでご容赦を。
特にU87は本当に有名なマイクなんで、創作の可能性を探るくらいなら
ちょっと調べれば良いのにと思った次第です。


・マイクロフォンは難しいよ。
ノイマンの87って言えば録音スタジオで定番なんだけどU-87 とU-87iっていう
型番があって微妙に音が違う。87'Sってのはオレは知らん。
U-67sは大好きなマイク、大昔のU-67の復刻版、サウンドインで沢山買った時は
サウンドインでストリングスを録音する時には復刻版の67をオーダーしたよ。

テレフンケンについては大先輩にノイマンブランドで作ったマイクの中でも
検査してある一定以上のクオリティを超えた製品に対してテレフンケンの
ロゴを貼付けて売っていたと聞いた事がある。(ロゴが又立派なんだよ)
溜池の東芝の3スタで仕事した時ノイマンのM-269がスタジオの中に
ゴロゴロしてて驚いた事がある。そしてマイクを一本づつ眺めると
テレフンケンのロゴが…。





・おっと 落ちそうです

漏れの感想は

最後のTake Your Clothes Off When You Dance のサーフィン・ヴァージョンがいいなあ

そんなところ。


・私はあれを聴くと何故か
時間ですよ(とんねるずが出てた)
を思い出します。


・前スレにも「奥さんが買い物」してる後ろに流れてそうな曲
とか言われてたな
YCDTOSAのバージョンだったと思うけど


・ブートでボサノバ・ヴァージョンていうのもあるよね。
「ひとつファッショナブルな音楽をやってみようよ」
というザッパの提案で録音されたもの、とどこかで読んだけど。


・マニー/ランピーの2in1CDでは細かく頭出し出来たけど
現行盤ではアナログで言うところのA面B面、音の塊でつ(約15分づつ)


・それはウソよ。
2in1が塊で承認95年版がindex打ってある。


・聴いたのは肉や鼬の方が早かったから金婚(king kong)や斧(oh no)が
聞こえてきた時は、正直感動した。

プロトタイプってかっこいい。


・承認盤が塊じゃなかったっけ?

って落ちそうだねココ


・私が持ってる2 in 1 マニ/ランピはランピ1 と ランピ2の二つの塊です



・漏れの持ってる最初に出た2in1もランピーはカタマリだよ。


・承認盤も、ふつーに聴けば二つの塊なんだけど、
それぞれがさらにindexで分けられてる。
区切りの時間はここに書いてある。
http://globalia.net/donlope/fz/lyrics/Lumpy_Gravy.html

indexサーチは昔のCDプレーヤーでしかできないのかな?


・ザッパ聴いたことないけど、このスレ好きです。



FrankZappa初のソロアルバム!

●どんなアルバムなのですか?
と、聞かれても中々答え辛いアルバムです

しかし実質ラストアルバムの「文明第三期」は既にここで始まっていた




posted by ゲイル(偽者) at 01:02| Comment(0) | OriginalAlbum1966-1969 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5.Cruising With Ruben & The Jets 1968





Cruising-With-Ruben.jpg

Cruising With Ruben & The Jets
The mothers of invention

1LP / 1CD

2012 UM盤
前のCDとマスターテープは同じ
アナログ盤時代の音を聴きたい場合は
別バージョンを含むアルバム"Greasy Love Songs"をどうぞ
Greasy Love Songs .jpg
(´-`).。oO(「どうぞ」とか言ってFreakOut!のMOFOと同じで通販のみで
入手は面倒 こういうのも配信とかしてくれないかな 入手しやすい方法で


1. Cheap Thrills
2. Love of My Life
3. How Could I Be Such a Fool?
4. Deseri
5. I'm Not Satisfied
6. Jelly Roll Gum Drop
7. Anything
8. Later That Night
9. You Didn't Try to Call Me
10. Fountain of Love
11. No. No. No.
12. Any Way the Wind Blows
13. Stuff Up the Cracks

新設ビザール・レーベル第一弾

previewです


●どんなアルバムなんでしょう
クルージング・ウィズ・ルーベン&ジェッツ 1968発売
ドゥーワップやR&Bで統一されたアルバム 
ストレートな感じ 凄く聴き易く お薦めできる。 
だけど、Zappaな感じがしない。。
非常にいい曲が収まってるんだけどネ


・ルーベン
普通なアルバムだな〜 オイ しかし良い曲も多い 
ラジオ曲は下品な歌詞のマザース・オブ・インベンションをオンエアするのは
避けていたが、これはマザースが架空のバンドを名乗っていたため、DJ達は結構
オンエアしたそうな。。。。 知らず知らず、、。

Fountain Of Love
ロストエピソードのほうがいいね

・今さらだけど、『CRUISING WITH RUBEN AND THE JETS』の補足。

昔のアルバム紹介にはよくパロディだと書かれていて、鵜呑みにした人も多い。
素直に聴いた方がイイ!


・オリジナル・マスターで聴きたいワン。


・「レコードコレクターズ」MAR.,1994 Vol.13, No.3
[特集]永遠のフランク・ザッパ
オリジナル・アルバム・ガイド より

Crusing With Ruben & The Jets

ルーベン&ジェッツという架空のバンドを主人公に、R&B風サウンドが展開される本作は、
50年代のR&Bやドゥーワップ、チカーノ・ロックに対する素晴らしいオマージュである。
全曲、ザッパやレイ・コリンズらによるオリジナル。
イースト・コーストのイタリア系白人によるドゥーワップやR&Bとはひと味違った、
ちょっと泥臭いR&B感覚が随所に発揮されており、50年代のイーストLAの空気のにおいを
伝えてくれる。
フランク・ザッパという人は、本当にまっとうな音楽家だ。
なお、”FreakOut!”収録のR&Bヴァージョンが4曲収められている。


・オリジナルマスターの方がいいよね。ザッパせんせの仰る通り
この盤でのドラム、ベースの低音部分の演奏は再生が難しいけど
再生機器をしっかり整えたら上手く鳴ってくれました。
でもこのリミックス盤はマニーほどの違和感はなし。
これのアナログは人気がないのか割とよく見つかります。
私は8年前US再発盤を1500円で購入しました。
オリジナルでも4-5000円で楽勝で買えるはず。


・うそーーーーん!!
10年ぐらい前は15000円とかしてましたよね。オリジナル。


・ちょっと書き方がややこしかったです。ごめんなさい。
「オリジナル」はblue verveの意味
再発盤」はその他もろもろ、私のはpolydor再発です。
だからもの凄く安かったです。
でもblue verveでも15000円はしないのでは?mint/mintならそこまで
行くのかもしれませんが海外通販ならやっぱり4-5000円てとこ。
あ、もしかしたらjellyrollのパンフ入りですか?それなら分かります。


・それはUS再発じゃなくてUK再発じゃないかな。
USの再発はOLD MASTERSがはじめてのはず。


・確かにリマスターでも違和感なし
しかし内容的にも古臭い音で聴いてもみたいなあ

ユリイカの特集ではインタビュアーの「アナログの音の温かみ」について
先生は食って掛かる様に否定してますが。

オリジナル4000円〜15000円くらいかあ


・オリジナルはドラムスの音が正にチープという感じだったような。
ラジオで2曲ぐらい聴いた。

・ついでにカウンターフィットのほとんどはUK仕様だが、大丈夫かい?
USオリジ、インナーシート無しで4000〜15000円てとこだろう。


・私の持っているのはblack(/silver) verveのV6/5055X(MGS1533)でPolydor US製です。
マトリックスは手書き。曲間溝あり。もちろんDeseriあり。
ジャケは綺麗でカラーコピーではなくオリジナルっぽい気がしています。
ZAPPA PATIOも見ましたがblue verveがオリジナルでblack verveは
存在しているのか記載無く不明ですね。マトリックス手書きはUSではありえない、
という情報や、逆にUK/EURのみstampだと情報が入り乱れていてなんとも言えません。
verve Tにはlong playingの字もないしUS製だと思っていたのですが。
確かにブートかもしれない、、自信なくなってきたのでもうちょっと調べてみます。


・私も全く同じものを持っていますが、セカンドプレスってやつじゃないですか?
ブートではないです。


・内容的にはどうですか。レイ・コリンズの素晴らしいボーカルが
聴ける素晴らしいアルバムだと思います。Oh Noがベストだと思うけどね。


・OH NOは入ってないじゃん 
レイ・コリンズのボーカルのベストってことかな

俺は最後のStuff Up The Cracksが好きです

Deseri 、Love Of My Life 、Fountain Of Love 、Anyway The Wind Blows は
古くからある曲ですね このアルバムよりも古いバージョンが好きです
一部はロストエピソードで聴けますね

・ああ〜〜〜・・あ゙〜〜〜〜
↑ロイ?   ↑JCB

がおもろい。


>OH NOは入ってないじゃん 
>レイ・コリンズのボーカルのベストってことかな
そうです。
Anythingは間奏も含めていいですよね。しかし家族もブートみたいな
ライブアルバムを出すくらいならオリジナルのままの音源をリリース
して欲しいな。


・ラヴ・オブ・マイ・ライフ ウ〜ウ〜ウ〜ウ〜♪

posted by ゲイル(偽者) at 20:36| Comment(0) | OriginalAlbum1966-1969 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

6. Mothermania 1969

mothermania.jpg

Mothermania
The mothers of invention

The mothers of inventionベスト盤
唯一の未CD化

(´-`).。oO(2009年 barfko swillより ダウンロード販売が始まりました)

Side 1
Brown Shoes Don't Make It 7:26
Mother People 1:41
Duke Of Prunes 5:09
Call Any Vegetable 4:31
The Idiot Bastard Son 2:26
Side 2
It Can't Happen Here 3:13
You Are Probably Wondering Why I'm Here 3:37
Who Are The Brain Police? 3:22
Plastic People 3:40
Hungry Freaks, Daddy 3:27
America Drinks And Goes Home 2:43



234 名前:名盤さん 投稿日:03/10/02 03:42 ID:tE6szORN
(元)唯一の公式ベスト盤だったよね。
ブートだろうけど、音質の悪いCD持ってる。

236 名前:名盤さん 投稿日:03/10/03 21:09 ID:tNm8spM/
マザーマニアですか、オリジナルを聴いたことがある人はこのスレで
どの位いるのでしょう?編集の違いは昔のレココレに載っていましたね。

237 名前:名盤さん 投稿日:03/10/04 00:02 ID:N8mM9z88
マザーマニアの権利は誰が持ってるのかな?
CD出ないのかな?
マスターも埃かぶってそうだな。

238 名前:グラギー 投稿日:03/10/04 00:40 ID:eUJR+p1x
そういや未聴

ヴァージョン違いが収録されてるんだよね
MSIの頃のライコ盤には、あるころからCDの裏ジャケにナンバリングがされてて
「290MOTEL」と「マザーマニア」の分もきちんとカウントされてたのにね
どうなったのやら

239 名前:グラギー 投稿日:03/10/04 00:48 ID:eUJR+p1x
90軒多いな・・・

241 名前:mu ◆l.h69QzCM6 投稿日:03/10/04 02:25 ID:gGejYdRy

○現行盤
CD化されてません 発売予定もなさそうです

○オリジナル・ビニール盤
US blue Verve V6 5068(X)
UK Verve SVLP9239
他 各国で リリースされたものが沢山

1. Brown Shoes Don't Make It(アルバムと同じ)
2. Mother People (オーケストラ以降の部分カット、newモノラルミックス)
3. The Duke of Prunes(アルバムと同じ)
4. Call Any Vegetable (ギター、語り部分を除いたもの)
5. The Idiot Bastard Son(語り部分カット)

6. It Can't Happen Here (newステレオミックス、みぢかく編集)
7. You're Probably Wondering Why I'm Here (newステレオミックス)
8. Who Are the Brain Police? (newステレオミックス)
9. Plastic People (アルバムと同じ)
10. Hungry Freaks, Daddy (newステレオミックス)
11. America Drinks & Goes Home (アルバムと同じ)

243 名前:mu ◆l.h69QzCM6 投稿日:03/10/04 02:34 ID:gGejYdRy
(´-`).。oO(個人的感想ですが  既出曲のみですが 割と面白いです
          持ってるのはやはり例のブート)


ジャケットの裏には
ドイツ語の記事とアンクル・ミートの広告

247 名前:名盤さん 投稿日:03/10/06 23:27 ID:oE9OaCnx
mothermaniaとworst of mothers, ****** of mothersとかは
関連しているのですか?正規のベストではないと聞きましたが。

248 名前:名盤さん 投稿日:03/10/08 02:20 ID:rILcsYP0
>>247
mothermania以外はレコード会社が勝手にだしたものです

公式  というかZappaが認めてるベストは
マザーマニア、怒った? の2枚

249 名前:名盤さん 投稿日:03/10/09 21:02 ID:Ato96ffA
他にGold Rock Seriesでベストがあったかな。

というかMothermaniaのオリジナル聴いたことある人って
2chにどの位いるのでしょう?もしいたら音質とか教えて下さい。




255 名前:名盤さん 投稿日:03/10/13 00:30 ID:2/0Tj8xu
これ唯一の未CD化だから超マイナーだな

ところでみんなあのカウンターフィットのブートは
何処で手に入れたの?
漏れは渋谷M。

256 名前:名盤さん 投稿日:03/10/13 17:24 ID:XQfvPN9V
カウンターフィットの意味がわからないけど、ブートCDなら
同じところだったと思う。

257 名前:名盤さん 投稿日:03/10/14 03:20 ID:SQxl/gT8
カウンターフィット=たしか丸々コピーものブートのことかな
それ以外にパイレートとかの言い方あると思う

針落とし はアナログからCDへのコピーかな。

259 名前:名盤さん 投稿日:03/10/14 04:24 ID:f4Mt3yaV
カウンターフィット。つづりはcounterfeit。
オフィシャル盤をコピーしたブートだね。
英語で偽札のことをcounterfeit billっていうから、
偽オフィシャル盤ってとこ?

260 名前:256 投稿日:03/10/14 05:17 ID:EDj14lj3
なるほどー。
漏れのCDは音が良くなくて、多分盤おこしじゃ無いかと思います。
そういえばマニーのブートLP(コピー)というのも出回ってました。
服を脱げのところで針飛びしたので他のLPと交換してもらいましたが
あれもカウンターフィットというものなのでしょうかね。
posted by ゲイル(偽者) at 01:25| Comment(0) | OriginalAlbum1966-1969 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。