2009年06月02日

18. Apostrophe (') 1974





apostrophe.jpg

Apostrophe (')
アポストロフィ
Frank Zappa
(1LP / 1CD)

(´-`).。oO(つーことで お次もセールス的には順調な Apostrophe(')
18th album 1973年発売 八木康夫ザパでの初のライナーノーツ

黄色い雪は食べちゃダメ

●どんなアルバムなんでしょう?
・前作をよりスケールアップ 
タイプ的にはオーバーナイト・センセーションをを引き継ぐアルバム。 
これまたヒット。 
ビルボードでもトップテン入りをはたしました(意外)
万人に受け入れられそうで、仕掛けもいっぱい 
ライブでの人気曲Don't Eat The Yellow Snow 〜Nanook Rubs It〜
St. Alphonzo's〜Pancake Breakfast 〜Father O'Blivion入。
聴いたことなかったらこいつは聴いてみるべし。  
前作がポップすぎるっていう人、これはどーよ?


・マフィンマン
八木氏のライナーが初めて世に。。
その後八木氏のライナーはまとめて3000部限定の本、
ZAPPA VOX定価9800円(白夜書房、絶版)に収められた。

それを見てみると、、ウワ、、絵が多い。 こんなライナー初めて。
以後のライナーもマトモに書いてるのもあれば支離滅裂のも。
極めて独断的カモ。 面白いとこもあるんだけどね。

ザッパボックスが絶版になったあともオンステージのボックスセットの
ブックレットに再び収録された。 
下のはそのブックレットに書いてある文。 わけわかめ 

我こそ想うところいったいこいつはどうだとばかりに取り憑かさすれば
なんだろうなあと時の壁に眺められつぶやきが覗いた何と仙骨に起こる
それならそうだと我ぞの陰茎は勃起音楽の耳に効き方書きまくれ文献的
発射台上のザッパ

八木康夫


Don't Eat The Yellow Snow
Nanook Rubs It
St. Alphonzo's Pancake Breakfast
Father O'Blivion
Cosmik Debris
Excentrifugal Forz
Apostrophe(')
(Zappa/Bruce/Gordon)
Uncle Remus (Zappa/Duke)
Stink Foot
競作も有ですわ。 
ゴールドディスク獲得! 
そこそこ売れたのね

preview



ゲストにジム・ゴードン、ジャック・ブルース、ルーベン&ジェッツのルーベン、
を迎えております

ジム・ゴードン:
フィル・スペクターのセッション・マン、デラニー&ボニー、デレク&ザ・ドミノズ、、
ジョン・レノンのアルバム「Imagine」などなど。。
(デレク&ザ・ドミノズではあのレイラをクラプトンと共作しています。
それになんとこの人レイラのあのピアノの部分を作った人じゃないですかぁ!?!


しかし、彼の70年代後半からの話は辛い、、 

多量の薬物接種の影響で精神を病んでしまう。
そして1983年に自分の母親を殺害、現在も服役中とのこと。



ジャック・ブルース:いわずと知れた元クリームのベーシスト
Zappaはジャック・ブルースといろいろ話をしたかったらしいのですが
彼は自分のパートが終わるとさっさと帰ってしまったらしいです



・キューリくれ
俺は〜独りで〜ボッキ〜


(´-`).。oO(実をいうと これと前作をオリジナルアルバムで聴くのは苦手なのさ
収録されてる曲は好きなんだけどね。。。アレンジがねー イマイチ古いかなーと。
それと音質ねー2イン1のはホントつらいね


・玉ちん
自分で Over Night と Apostrophe の 2in1 CDR を勝手に作ってる。
あ、当然オリジナルCDを持ってます。自己使用のCDRだっす。
音質よし!
連作っぽくて違和感なし!(どっちも黒っぽさが強くて渋いと思う。)

Father O'Blivionで出てくるラテン語の歌詞がカコイイなー。
ものすごい勢いで複雑に回転するコマのような曲だなー。

ジム・ゴードンの話はビクーリ!そうだったのか...。


・その黒っぽさがモロじゃ無くてザッパのアレンジの中で生きてるよな
全体的に凄くカッコいいと想う。 まー 聴いてみーApostrophe。(タイトル曲の方ね)


・マフィンマン
俺はぶっちゃけた話 中々イイと想う。
オーバーナイトよりは初心者さんにもお薦めだヨ
それは多分1曲目からのメドレーに有ると想うな。 
入り易いザッパ色の強い曲だよ
あとCosmik Debrisが好きだ


・これが一番売れたのよね、確か


・漏れは歌ものよりもインストもののザッパが
好きなんですが、少数派なんでしょうか?
RDNZLとか聴いてるとおかしくなりそうです。
ジョージ・デュークのピアノが特に(・∀・)カコイイ!!!


(´-`).。oO(わたくしもインストもの好きよ 特にヘルシンキバンドが大好き
もうすぐだワ

シングルは
Don't Eat The Yellow Snow / Cosmik Debris
Don't Eat The Yellow Snow / Camarillo Brilloが出てたようです。 
シングルって何かの目安になるかと、、。

ホラ、何の情報も無いとアルバム聞きにくいじゃない 
シングルとか目安の曲有ると、聴き易いかと。。。
思いきやザパの場合あまり目安にはならないですね。

でもDon't Eat The Yellow Snowは割と売れたらしい
後年ストリクトリー・コマーシャル(ベスト盤)にシングル・ヴァージョンが
収録されたけが、ちょっと寂しかったワ 1曲だけってのは。。。


・若ジャワかの一曲目大好き・・・と言ってみたりする


・公衆便所
Apostophe(')はザッパが数ある曲で唯一他プレイヤーに押されていると言う点で結構重要な曲だと思うが如何か?

・公衆便所
思い切り綴り間違えてるじゃないか、欝。
Apostrophe(')だったよな。


18th album Apostrophe(')
1974発売 邦題同じくアポストロフィ

「どうしてこんなに売れるのかわからない。
プラスチック不足にさえ引っ掛からなければ-Over-nite Sensation-の方が
もっと行きそうだった。あれのインパクトでワーナーがApostropheにもっと
力を入れる気になったんだろう」 Zappa '74

シングルはDon't Eat The Yellow Snow。
ビルボード10位まで行きました。
ゴールドディスク獲得。
ブラック色ちょい強め。
参加ミュージシャンは盛り沢山、
ジャック・ブルース、ジム・ゴードン、
その後ザパのプロデュースでデビューするルーベン&ジェッツのルーベン。 
ナポレオン・マーフィー・ブロック、ラルフ・ハンフリー登場
懐かしい人エインズレー・ダンパー、
懐かしいといえばオリジナル・マザーズのレイ・コリンズも。
ティナ・ターナーとアイケッツはこのアルバムにも。 
その他ポンティ、シュガー・ケイン・ハリスなどなど。
初心者お勧め度も高し。 
前作Over-nite Sensationが気に入ったら
とりあえずライブで人気のDon't Eat The Yellow Snow〜Nanook Rubs It〜
St. Alphonzo's Pancake Breakfast〜Father O'Blivionを聴いてみるのはどうでしょう






posted by ゲイル(偽者) at 01:10| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

19. Roxy & Elsewhere 1974





roxy.jpg

Roxy & Elsewhere
10年目のマザーズ・ロキシーライブ
Zappa / Mothers
(2LP / 1CD)

1. Penguin In Bondage
2. Pygmy Twylyte
3. Dummy Up
4. Village Of The Sun
5. Echidna's Arf (Of You)
6. Don't You Ever Wash That Thing?
7. Cheepnis
8. Son Of Orange County
9. More Trouble Every Day
10. Bebop Tango (Of The Old Jazzmen's Church)

●どんなアルバムなのでしょう?
L.A.にあるクラブ、ロキシーでのライブ(1973年)を中心に収録したライブ盤です

ロキシー出演メンバー
FZ
Napoleon Murphy Brock
George Duke
Bruce Fowler
Ruth Underwood
Tom Fowler
Ralph Humphrey
Chester Thompson



ROXYのDVDはいつリリースされるのであろう?(笑)

preview





名盤さんの声
・このアルバムの紹介文の三つにひとつは
フィルコリンズがトンプソンのドラムを聴いて・・云々
というのを見かけますな(w


・通して聴くとちょっと疲れるくらい盛り沢山だよね。
でも初めて聴いたときの衝撃は忘れられん。
特に後にヘルシンキバンドへと洗練されていく前段階の、
猥雑さを伴った迫力はこの時期独自のもので、
このアルバムでザッパにはまったという人も多いのでは。
ていうより自分がそうなのですが。

それまで数枚聴いた時点では「変わった音楽をやる人なんだな」だったのが、
「スゲエロックをやる人なんだな」になった、みたいな。


(´-`).。oO(これでザパにはまる人がいるのか! 
初心者には薦められないと思っていたが。
確かに疲れるくらいてんこ盛り

ROXY〜one size〜ヘルシンキはホントにイイネ 
ヘルシンキ(テープス)は後発だけど。


・Roxyいいねぇ。この時期で一番好き。
チェスターゴリラさんが好きです。でも、ラルフぞうさんはもーっと好きです。
ジャケの写真どおり、猥雑かつノリノリかつファンキーな雰囲気がたまりませんな。
OrangeCountyのソロも、ザパ汁ダダ漏れ。


・マフィンマン
ぶっちゃけた話、ワズー、ワカ、それ以前のマザースの頃と
オーバーナイト、アポストロフィの黒っぽい部分があわさった、かなり素敵な一枚。 
おラが好きなのはチープニス、ペンギン、ビバップ 

ジャズは死んじゃいない ひどく匂うけどナ


・個人的にはジャケがザッパ作品の中で一番カコイイと思う

あ、ROXYのことです。


(´-`).。oO(エッチなマンガ「とらわれペンギン」は
一曲目のペンギン・イン・ボンテージから来てるらしいワ
山本直樹っていう人が描いてたみたいヨ 
彼のザパへの熱い想いは1994年、5月号のユリイカで見れます
古本屋で見つけたら是非


・工作員か何かのコードネームでHot RatsとUncle Meatが出てきたと記憶してます。
別の漫画には溺れる魔女のトレーナーを着た作者が登場していた気がします。


・ユリイカは詩と批評の本。 1994年5月号は増項特集フランク・ザッパ 〜越境するロック〜
ザパのインタビューをはじめアダムさん、大山さん、谷口まもるさん、等多数
アダム・カウフマンの投稿は熱いっす


・曲目にいっぱい登場する Preambleってのは「前置き」って意味で
LPだと各面の頭にザパと客のやり取りが聴けます 客席との距離はかなり近そうっす。

Village Of The Sun では珍しくノスタルジックな歌詞を歌っております 
曲の雰囲気もユターリ目。
自伝に歌詞が載ってるくらいだから、本人お気に入りなのかも。 

でもホント珍しいね こういう歌。

3面は一押しCheepnis 。 カコイイロケローナンバー 
いろんな仕掛けがイパイだワ。 
妙なフレーズもイパイだワ。
歌詞はどうしようもなく変。 カコイイ曲なんだけど、、、。  
その後懐かしのSon Of Orange County 〜More Trouble Every Day へ。
オレンジ・カウンティのアレンジはだいぶ変っているヨ。

最後はBe-Bop Tango 。 
レコード上では「なんとかコンテスト」の類いは初出。
ひとしきり楽しんだ後、エンディング。  
はぁ〜  

楽しむってより感心させられることしきなお見事なライブ盤 っすヨ。


・Cheepnis(・∀・)イイ!!  スゴク(・∀・)イイ!!


・ナポレオンって何者? 楽しそうな人だ
あ、友達の家でビデオ見ました タイトル忘れました アフロな人が歌っていて
上半身水着のお姉さんが木琴叩いてました ヒゲの男は指振ってました
なんか凄かったです ロキシーに入ってますか 
ヒゲがザッパなんですね 思ったよりかっこいいですね


・soft
ダブ・ルーム・スペシャルかな? 水着のお姉さん=ルースたん


(´-`).。oO(ロキシーに入ってますか? と言われても〜、、。
上の人の言う通りだったらそれはinca roads。  
次のone size fits allに収録。


・DVDはいつ出るのぉ〜?


・ザッパボックスにも ロキシーのビデオの発売予定が書いてあるよ
つーことは10年以上前から予定があってずっとそのままってことね

このまま発売予定で一生、、、、


・Soft
Be-Bop Tangoの主題は、音程の跳躍するザッパ的旋律ですが、
ヴァレーズ晩年の曲の中の動機を引用・発展させたものでもありますね。
イエローシャークでの行進曲風アレンジもカコイイ。


・ロキシーはシングルなかったの? CDとアナログの違いってある?
お次はワンサイズ 
ダヨね


・1973年のバンドはオフィシャルのライヴ音源が少ないな。
やっぱ、ポンティがネック?
ランセロッティとかヴァッシーの声も聞きたいのにね。

それとロキシーの映像は早く出せって事で....。


・ロキシー、予告編映像見たけど、すげーですなあれは。


・怒涛のメドレーですたな。(っつか細切れ過ぎるんだが(w)
Big Swifty萌え


・ヴィレッジ・オブ・ザ・サンでのナポレオンの歌いっぷりが
シナトラとかトム・ジョーンズとかのキャバレー歌手っぽくて、
あぁこの曲はそういう曲かと意識を新たにしました。

全編見たいよう。


・最高


・鼻クソマン
>ロキシー、予告編映像見たけど、すげーですなあれは。
どこにはいってるんですか? 


・MXでゲフフンしました。
今仕事中なので正確なファイル名は謎ですが、
Roxie trailer とかそんな感じです。

メンバー一人一人映って、名前が出て、ワクワクですわこれが。


・鼻クソマン
何故にしてMXでロキシー予告編が出まわってるんでしょう??
でも羨ましいなぁ。。。

>1973年のバンドはオフィシャルのライヴ音源が少ないな。 
>やっぱ、ポンティがネック?
確かに少ない。 YCDTOSA6のFarther Oblivionくらいでしょうか?

しかしこれは(ブートで持ってるんですが)かなり短くされちゃってます。
っぱポンティがネック? うーん どうでしょう? 
(ポンティのソロが全部同じだったらどうしよう。。。)
 
バンドのメンツは「ええ! またそのフレーズかよ!!」とか。。。

この時期はアルフォンソにしてもOblivionにしてもまだまだ詰まってない感じも受けます。 真相はどうなんでしょう?? ハテサテ


・Roxy Trailerは以前はオフィシャルページで見れたんだよ。いつのまにか削除されて
見れなくなった。劇場公開するか、ソフトとして出すかとか時間稼ぎの意味のない投票も
オフィシャルページでやってました。


・ああ、ネックってそういうことか。
なんか契約上の問題でもあるのかと思った。


(´-`).。oO(ポンティとザッパはマンネリソロでも揉めたらしいですが、
ギャラがらみでも揉めたらしいでつ



・フリークアウトからイエローシャークまでみんな好きだけど
やっぱりこの時期のバンドが一番好きだなぁ…
メンバーも本当に楽しそうだし。ルースが抜けたのは痛かったろう…


・Zappaのruth評。
「64分音符の感覚まで、私と完全に一致する。
こんなにリズムのあうミュージシャンは他にいないだろう。」
「アドリブできないと当人は気にしている。度胸をつけるための実験もしているが、
アドリブ相当の部分まで詳細に書き込んだ楽譜を事前に書くようにruthに伝えている。」

うろおぼえですが。こんなのをなにかで読みました。

−−−−−−−−

inca roadのエンディングでruthが“なにか”するらしいんですが、
いったい何をなさるのでしょうか…


・ルースが結構タイトなフレーズ弾いてる横で
ザッパが指揮棒持ってちょっかい出してて
ルースもにこっと笑いながら下向いて弾き続けてました。

大体マリンバって横に長くて、一度に視野に入る範囲が限られるし
体ごと移動しながら弾くって感じだから、見てて一番大変そう。
手癖とかで覚えるって事が出来なさそうだもんなぁ。



>マリンバ
意外と、ピアノ的な感覚でいけるのかもね。
まあバチという大きな違いはあるけど。
それにしても、両手ダブルバチで軽やかに速い和音フレーズを叩くのは常人の技ではないな。


・ああ、 確か性格がシャイすぎる為アドリブ演奏が出来ないんだったよね
>
inca roadのエンディングでruthが“なにか”するらしいんですが、何だろう?? 
A Token of My Extreme(ルース、上半身水着だ)みたけど、、
いろんな打楽器を駈けずり回って叩きまくってたな  それくらいしか覚えてへんけど


・ルースついでに、僕が知りたい下記のことも教えてください。
過去ログorスレに出てたらすいません。

"Don't you ever wash that thing?"
でザッパがルースを「いじる」ところがあるみたいですが("Watch Ruth"ってとこ)、
これってどんな状況かご存知の方はいますか?
ライヴ毎にザッパが言う内容も違うみたいだけど、ヴィデオとか見たことないんで。
あるいは、単なる歌詞なわけなのかな?

「ルースを見て」というからには、ルースがなんかやってるんでしょうか?


・溺れるマゾ
Roxy & Elsewhere1993年承認盤の茂木健氏の解説には
「次のパートでドラムとアンダーウッドのカナモノ類が繰り広げる
猛烈な応酬のことを意味しているのだろう」とあります。
ttp://globalia.net/donlope/fz/songs/Don't_You_Ever_Wash_That_Thing.html の
1974 (Feb-Mar) もご覧あれ。

YCDTOSA Vol.2のバージョンでも似たようなことを言おうとしたけど、
リズム隊が滑っていたので言いそびれてしまったみたいですね。
I hope I don't fall down and hurt myself は滑るにかけた自虐ネタでせうか。


・細けーとこで悪いが・・・

> リズム隊が滑っていたので言いそびれてしまったみたいですね。
> I hope I don't fall down and hurt myself は滑るにかけた自虐ネタでせうか。

Oh! It sure is slippery in the percussion section today.
I hope I don't fall down and hurt myself
ってとこなんだけど、
漏れは「ルースはこう思ってる。"OH! 今日は私の立ち位置が滑りやすいわね。
転んでケガしなけりゃいいけど!"」
ってことだと思ったんだけど・・・・


・溺れるマゾ
なるほど! そういうことでしたか。
ずっと勘違いしてました。ご指摘多謝です。










posted by ゲイル(偽者) at 02:09| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。