2009年05月31日

12. Fillmore East June 1971

fillmore-east-june-1971.jpg
Fillmore East June 1971 
フィルモアのマザーズ1971年6月
The Mothers

(1LP / 1CD)


1. Little House I Used To Live In 4:41
2. The Mud Shark 5:22
3. What Kind of Girl Do You Think We Are? 4:17
4. Bwana Dik 2:21
5. Latex Solar Beef 2:38
6. Willie The Pimp 4:03
7. Do You Like My New Car? 7:08
8. Happy Together (Bonner/Gordon) 2:57
9. Lonesome Electric Turkey 2:32
10. Peaches En Regalia 3:22
11. Tears Began To Fall 2:46


●どんなアルバムなのでしょう?
ライブ盤です




FZ「マークとハワードがいた頃の  -フロー&エディだな- 
  あのバンドが得意だったヴォードビル調のやつは、他のどのバンドにも再現出来なかった。
  どんなにテクニックのあるバンドでもだ。」


ヴォードヴィルまたは、ボードビル(vaudeville)とは、米国においての舞台での踊り、歌、手品、漫才などのショー・ビジネスのことである。ヴォードヴィルを演じる者はヴォードヴィリアン(Vaudevillian)と呼ばれる。
ウィキペディアより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB



「ロックグループと本物のオーケスオラが一緒にロックしてまーす」(FZ)
な単発イベント終了後、フロ&エディことマーク・ボルマン、ハワード・
ケイランの2人が楽屋に訪ねてきた。 3人は意気投合、ザッパはマザーズを
解散させていたし、フロ&エディもタートルズが解散していてやることなし。
3人はバンドを組むことになった。
それが前作のほんの少し前の話

前作にも参加している2人ですがその強烈な存在感を見せつけるのは本アルバム
から。


(´-`).。oO(フロントマン、ボーカルなんだから存在感あるのは
    当たり前だろ と思うアナタ。 個人的な意見ですが
    この2人、Zappaバンド史上No.1ボーカリストだと思います。
    個人的には。。

    ちなみにナピーもNo.1っす。)







・いいよね。フィルモアイースト。初手からエインズレー飛ばす飛ばす。
ピーチズはオリジナルよりこっちの方が好み。
欲を言えばウィリー・ザ・ピンプが途切れてなければ・・・
ってCDだと繋がってるのかな?
そうそう、モノホンのハッピー・トゥゲザーが聴けるんだよな(w
ラストのティアーズ〜もタートルズの歌だからこそ、映えるような気がする。

ところでマッドシャークって何よ?


・マフィンマン ◆5rNFFgEY
マッドシャーク=フィルモアでのライブの合言葉。。。意味不明
一応マトモに答えるとシアトル海に棲息している小さな鮫。
多分あまり意味はないと思うヨ フランクの歌では結構そういうのあるよね
全く意味不明な今日のキーワード。 港を綺麗にとか港に機雷をぶち込もう、
ハイホーシルバーとか。。。 


・やっぱりシークレットワードは秘密のままだったんだな。


・>ハイホーシルバー

84年のライブでそれ言う度にバンドみんながゲラゲラ笑ってたね。
てめーら真面目にやれとか思いながら、聴いてるこっちもゲラゲラ。


フロー&エディとはボーカルの二人組。 



通算12枚目のアルバム。ライブアットフィルモア'71
このバンド、いい意味でちょっとダルダル。 
エインズレー・ダンバーのドラムがカッコイイ。 
そんで、、、初心者さんにはちょっとすすめないなあ というのは、
グルーピーネタの語りが多いんだー。 
それにバナナの叩き売りのバックにバンドがついてる そんな感じだろうか???
英語がいける人でもワケワカメなことが多いくらいマイナーネタ。

が、しかし、時折挟められるフレーズはいいんだな これが。
叩き売りバックバンドが決める決める。

それに、バーント・ウィニーのlittle houseI used live inやピーチズ・エン・レガリアや
フローとエディが元いたバンド「タートルズ」の大ヒット曲「happy togther」もやってます
最後は名曲tears began to fallで決まり。

んー これも 久々に聴いてみよう



(´-`).。oO(音だけ、声だけ聴くとカッコイイ フローとエディ。 
しかしヴィジュアルは、、、、。 まあ でも いっか。


・公衆便所
サラ・リー ニルヴァーナ ヘモロイド



・ザッパはよくプードルネタ使うけど、なんでだろ。
ただ単に好きなのかな。確か黒いプードル飼ってたし。


(´-`).。oO(アナログ盤だと、AB面の境は「Willie The Pimp」の「Part One」と「Part Two」で
別れていた(!)
CD盤では一曲に繋げられていますが、若干曲が縮んでるみたい。
しかし大胆。 Willie The PimpとPeaches En Regaliaっていう有名曲をやってるけど、
オリジナルとは遠く離れてるので、別物扱いでお願いします そう思うといい感じに聞こえて
くるもんだ〜。   

こっちヴァージョンが好きな人、ごめんヨ


・ちゅうか、「Part Two」をバッサリ削除しただけだと思われ。
そっちのソロもカコイイのにな。


(´-`).。oO(情報ごっつぁんです  私フィルモアのアナログ未聴

そうだったんですか



フロー&エディ本領発揮
そんなわけで新生マザーズ、第一段フィルモアイースト'71





posted by ゲイル(偽者) at 02:11| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13. 200 Motels 1971

200motels.jpg
200 Motels
Frank Zappa

(2LP / 2CD)

Disc 1

1. Semi-Fraudulent/Direct-From-Hollywood Overture 1:59
2. Mystery Roach 2:32
3. Dance Of The Rock & Roll Interviewers 0:48
4. This Town Is A Sealed Tuna Sandwich (prologue) 0:55
5. Tuna Fish Promenade 2:29
6. Dance Of The Just Plain Folks 4:40
7. This Town Is A Sealed Tuna Sandwich (reprise) 0:58
8. The Sealed Tuna Bolero 1:40
9. Lonesome Cowboy Burt 3:59
10. Touring Can Make You Crazy 2:52
11. Would You Like A Snack? 1:23
12. Redneck Eats 3:02
13. Centerville 2:31
14. She Painted Up Her Face 1:41
15. Janet's Big Dance Number 1:18
16. Half A Dozen Provocative Squats 1:57
17. Mysterioso 0:48
18. Shove It Right In 2:32
19. Lucy's Seduction of A Bored Violinist & Postlude 4:01

disc 2

1. I'm Stealing The Towels 2:14
2. Dental Hygiene Dilemma 5:11
3. Does This Kind of Life Look Interesting To You? 2:59
4. Daddy, Daddy, Daddy 3:11
5. Penis Dimension 4:37
6. What Will This Evening Bring Me This Morning 3:32
7. A Nun Suit Painted On Some Old Boxes 1:08
8. Magic Fingers 3:53
9. Motorhead's Midnight Ranch 1:28
10. Dew On The Newts We Got 1:09
11. The Lad Searches The Night For His Newts 0:41
12. The Girl Wants To Fix Him Some Broth 1:10
13. The Girl's Dream 0:54
14. Little Green Scratchy Sweaters & Courduroy Ponce 1:00
15. Strictly Genteel (the finale) 11:10

+ 当時ラジオで流れたCMのおまけトラック4つ
+Magic Fingersのシングルヴァージョン
+予告編mpeg映像も観られます

200motels-poster.jpg
封入ポスターも小さく再現


●ロックとシンフォニー、語り、おしゃべり、が混合した作品
●音質はあんまりよくないです

●ザッパが権利を取り戻せなかった唯一の作品、1997年についにCD化
●映画の方ではリンゴ・スター、キース・ムーンも出演しています
●(2009年)現在廃盤 中古でゲト!
 
234 名前: ゲイル ◆iiLM.W2Q 投稿日: 02/04/25 11:09 ID:tDqflwek
通算13枚目のアルバム  200motels  同名映画のサントラ
今度はアンクル・ミートと違い、ちゃんと製作され、公開もされたyo
(アンクル・ミートは後にビデオ作品としてリリース)

we're only in it for the moneyのマトモなCDは出ないと思いオリジナルを買った。
そしたらCD出た。 鬱だった。

200motel、ザパに版権がなくCDで出ないだろうと思い、オリジナルを買った。
数年後、、CD出た。。。 鬱だ。。


235 名前: 玉ちん 投稿日: 02/04/25 14:26 ID:O4dO39Mk
200motels、かなり不可思議なアルバム。
映像、CDともに初心者にはお勧めデキナイ。
でも、フロー&エディが好きなら、Mystery Roachはカコイイと思うはず。
Strictly Genteel はこのアルバムが初出だったよね、確か。
CDには映画公開時のラジオ宣伝が入ってます。

あと、後のYAWYIの1曲目で"200MOTELS!!!"って叫んでます。
ザッパ、この映画に執着があったのかな?


236 名前: 公衆便所 投稿日: 02/04/25 22:03 ID:Ugd93bSw
MagicFingerのソリッドさはロックだなと切に思う。


237 名前: ゲイル ◆iiLM.W2Q 投稿日: 02/04/25 23:03 ID:K6TCVxKw
>235 Mystery Roachはカコ(・∀・)イイ!!
ゲイル的にはdaddy daddy daddy、Lonesome Cowboy Burt
Magic Fingersもカコイイ  
What Will This Evening Bring Me This Morning は一緒に輪唱だ。 
最後のStrictly Genteelは超名曲。 しかしCD2枚組みで他の部分はちとハテナ。
やっぱり私も初心者には薦めない。 バーント・ウィニーの曲に詞をのっけて
歌ってる箇所も有。 部分部分はいいんだけど。
映画の方は字幕無しを見たからワケワカメ 多分字幕あってもわかンないかも。
もう殆ど覚えてないし、、、。

キースムーンが出てたね。 あ、リンゴ・スターも。  


238 名前: ゲイル ◆iiLM.W2Q 投稿日: 02/04/25 23:08 ID:K6TCVxKw
このアルバムって変なタイトル多いね、、、

この町はは包装されたツナサンド
彼女は顔を塗りたくった
退屈したバイオリン弾きを誘惑するルーシー
歯科衛生上のジレンマ
ペニス寸法
モーターヘッド深夜の農場
俺達のイモリの上に降る夜霧
自分のイモリを夜に探す若者
彼にブロスを料理してあげたい娘
その娘の夢
刺激的なスクワット、、、。


239 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/26 12:26 ID:MnBD6Of6
Q:200motelsを名盤にするにはどうすればいいでしょうか。

A:完全対訳を付けましょう。

240 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/26 15:45 ID:MG4ZR7Hk
>235 >237
ライナー読むと、とりあえず撮影できた分をなんとかつなぎあわせて映画に仕上げたって感じ。
あんなのを10日足らずで撮影しようってのが無茶だよ・・・・。
中途半端に終わったり、権利を取り戻せなかったりで、やっぱ無念だったんじゃない?
YAWYIじゃジミー・カール・ブラックに「200 Motels」のセリフまで再現させてるし。
"Opal, you hot little bitch!"

>239
漏れは輸入版買っちゃったんだけど、日本版は訳ついてないの???


241 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/26 20:20 ID:MnBD6Of6
>>240
す万。わしも日本盤持っとらん。


242 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/27 00:02 ID:Y5x0ouxs
>>237
BSでやった日本語字幕版を見たけど、やっぱワケわかんなかったよ。
ストーリーは始めから無いんじゃないだろうか。
ドン・プレストンの基地外博士と、Lonesome Cowboy 〜の演奏シーンは、ファンには楽しめるけど
他の部分はお世辞にも見る価値があるとは思えなかった。
ラストのStrictly Genteel は、変てこな白い顔の人々の意味はよくわからんけど
曲としては結構イカす部類かも。ところで、あのザッパのそっくりさんは何者?


243 名前: 242 投稿日: 02/04/27 00:05 ID:Y5x0ouxs
あ、でも所々に入るライブ映像は格好良かったな。この為に見る価値はあるかも。


244 名前: ゲイル[ ◆Jp5akUXc 投稿日: 02/04/27 02:15 ID:Z/3TKvpI
>243 ザパそっくりさんはリンゴ・スターといってイギリスの有名なバンドで、
ドラムを叩いていた人です


245 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/27 14:25 ID:Y5x0ouxs
>>244
え、そうだったんですか。ちーとも気付かなかった。
リンゴさんはなんだか気難しいイメージだっただけに、意外であります。


246 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/27 16:18 ID:YKdp.AJE
紙ジャケが出たから買おうと思うんですけど、、、
アンクルミートっていいですか?インカローズっていう曲好きなんですけど、、
はぁhぁあああああああ!!んあぁ!
もうだまー


247 名前: 名盤さん 投稿日: 02/04/27 18:17 ID:paYicye6
>246
マリンバが好きならGO・GO・GO!

252 名前: ゲイル[ ◆Jp5akUXc 投稿日: 02/04/27 23:54 ID:OjDpP4mI
 200motels 当時日本盤出てません。 
 シングルはWhat Will This Evening Bring Me This Morning
      /Daddy, Daddy, Daddy
と、Magic Fingers//Daddy, Daddy, Daddy。 が出てました。








posted by ゲイル(偽者) at 02:21| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

14. Just Another Band From L.A. 1972






Just Another Band From L.A..jpg

Just Another Band From L.A.
L.A.からやってきたバンド
L.A.から来たバンド
Frank Zappa
(1LP / 1CD)

Billy The Mountain
Call Any Vegetable
Eddie, Are You Kidding?
Magdalena
Dog Breath

●どんなアルバムなんでしょう?
フロー&エディー・マザーズ時代のライブ盤です

preview



名盤さんの声

・何年か前にフランクザッパディスコグラフィーっていう
オフィシャルのフリーペーパーをレコード屋で貰ったんだけど
RYKOのほとんどの作品が解説ジャケつきで載ってて
すごいよかった!今でも大事に保存してます。

ところで漏れの大好きなStudio Tanはまだですか?

(^^).oO(私もいまだに持ってるYO! 各レコ屋の人がザパを語ってるちっこい版
フリーペーパーもあったネ ザパを盛り上げようっていう感じが伝わって来た
スタジオタンはそれで数えてみたら10枚先でした。

そのフリーペーパーのJUST ANOTHER BAND FROM L.A.全文
「前作に続きUCLAで行われたライブ。 
24分以上に及ぶフロー&エディをフィーチャーしたシアトリカルなステージが楽しめる。 歌詞対訳付きで 面白さ保証」 

前作というのはここでは”フィルモア”。

(当時発売した)レコード会社が違うので200モーテルズじゃないんだワ

ところでファンクラブはどうしたんだろう??


・あ、ちゃんと年代順に解説していってるんですね。
ちゃんとチェックしてなくてすみません。
では10枚先のスタジオたん、楽しみに待ってます。
がんばてください。

(´`).oO(解説なんてたいそうなモンじゃないです。。
「ザパ初心者」、「ザパ2枚目はどれ買おう?君」にお役にたてればと思い。。。


・「LAから来たバンド」はフィルモアから約2ヶ月後のライブから。。。
B面のCall Any 〜Dog Breathは楽しさ爆発。 あっという間に時間が過ぎていくYO!

Call Any Vegetable はアブソリュートリー・フリー収録でオリジナルアレンジとは程遠い
感じだけど、勢いあっていい感じ。。 

Eddie, Are You Kidding?はこの時期のオリジナル。 楽しい曲です。
Magdalena これもこの時期オンリー。 曲はトテモ(・∀・)イイ!!   
んだけど、チビでヨボヨボの男がシースルーのブラウスを着た娘をつかまえて、、
あんなことやこんなこと、、って歌。 
ホント歌と曲が裏腹  
英語が解ると滅入るかも。

Dog Breathはアンクルミートから。 
これもオリジナルとはアレンジはかなり違います。 
また違った感じでいいっすヨ。 




(´-`).。oO(「LAから来たバンド」

フロー&エディ・マザースは「LAから来たバンド」(’70〜’71)でおしまいです 
スモーク・オン・ザ・ウォーターな出来事があって機材が消滅し、
後日Zappaは客席とステージの間の溝に落とされて入院するはめに。 
フロー&エディを始め、バンドのメンバーは職を求めて彼の元を去っていきました。 

チャンガの復讐、フィルモア、200motels、LAから来たバンドでこの時期のバンドが
気にいった方、大分後になってから、この時期の音源が出ています。
1992年発売 PLAYGROUND PSYCHOTICS。
Zappaが持ち歩いていたポータブル・レコーダーによる この時期のドキュメンタリー的音源。 

そのためメンバーの日常的な会話が大半を占めるドキュメンタリーの性格が強いアルバムになります。
まず初心者にはお薦め出来ない

のですが、 ですが 間に挟まれる曲は魅力抜群なんです。
 
ジョン・レノンとヨーコがフロー&エディ・マザースと共演した時の音源が入っています。 

かっこいいデス ジョン。

ジョンの声、圧倒的に存在感がありますね。  
それとフロー、エディ&ヨーコもイイ! 
他には Sleeping In A Jar 、Cruisin' For Burgersや楽しい演奏のStatus Back Baby 、
Concentration Moon、大作Billy The Mountain も入ってるYO!
しかしやはりこの盤はWonderful Wino〜 Sharleena 〜Cruisin' For Burgersにとどめを
指すでしょう 特にSharleena!  最高です。 
Cruisin'の後のバックステージのセッションも(・∀・)イイ!!

他にはYOU CAN'T DO THAT ON STAGE ANYMORE, vol. 1には後日one size fits allに収録
されるsofaをフロー&エディがドイツ語で歌ってるものが聴けます。
YOU CAN'T DO THAT ON STAGE ANYMOREのvol. 6には200motelsのフィナーレや
shove it right in,ナドが入ってます。




・ところでLAから来たバンドのジャケットってどうヨ??



そんなわけで

L.A.から来たバンド
・1971年夏のライブです
・30分近くに及ぶ大作ビリーザマウンテン収録
・Call Any Vegetable、Dog Breath も新たなアレンジで収録
・Fillmoreのアルバムが好きな方、ビリーザマウンテンは必聴です










フロー&エディーマザーズの最後

1972-fire01-small.jpg

●12月4日 問題のスイスはジュネーブのモントルー・デ・カジノでのライブ。
(この"LAから来たバンド"から4ヶ月後)
ドン・プレストンのキング・コングのソロの最中、観客が放った花火が天井に燃え広がり、
ショーはその時点で中止。 
また建物のエアコン・システムも爆発。 

幸い死者はいませんでしたが
その事故でマザーズは殆どの機材を失う羽目になってしまう。

・ディープ・パープルで有名ですね(笑) スモーク・オン・ザ・ウォーターはこの時のことを歌った曲です



ツアーの日程はまだ10日ほど残っていて、メンバーは最後までやり遂げようということで一致。
ツアー続行(本当はしないほうが良かったのかも知れないケド)。


マザーズは機材をかき集めツアー続行。 
このショボイ機材での演奏はYCDTOSA1で聴けます


●そしてまたもや問題発生。  
YCDTOSA3で聴ける12月10日IN ENGLANDでのこと。
アンコールでビートルズの「抱きしめたい」を演奏中にザッパは観客とステージを隔てる
オーケストラピットに突き落とされてしまう。
(YCDTOSA3では同日のキングコング収録、1982年版同曲と合成)


左足骨折。 


入院。


落とした犯人による理由だと「俺のガールフレンドに色目を使ったから」
とのこと。


今回は当然ツアーは中止。 


こうしてバンドのメンバーは職を求めてマザーズを離れることになってしまったのでした。




posted by ゲイル(偽者) at 03:41| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。