2009年05月30日

9. Burnt Weeny Sandwich 1970





Burnt_Weeny_Sandwich.jpg

Burnt Weeny Sandwich
The Mothers Of Invention

(1LP / 1CD)

2012 UM盤はアナログ盤に限りなく近いミックスに。
remastered by Bob Ludwig


1. WPLJ 2:52
2. Igor's Boogie, Phase One 0:37
3. Overture To A Holiday In Berlin 1:27
4. Theme From Burnt Weeny Sandwich 4:32
5. Igor's Boogie, Phase Two 0:37
6. Holiday In Berlin, Full-Blown 6:23
7. Aybe Sea 2:46
8. The Little House I Used To Live In 18:42
9. Valarie 3:14

「編集作業は作曲の一部だ」 by FZ

●どんなアルバムなんでしょう?
このアルバムが出た頃にはThe Mothers of Inventionは解散しております。
これはZappaによるマザーズ時代の音源で再構成されたアルバム

スタジオ録音のトラックにライブからのギターソロを重ねたり、
The Little House I Used To Live Inにはオリジナル・マザーズ時代の録音に
新たなフレーズを加えて完成させたりと手法的に所謂Zappa的な編集作業が随所に
見られる一枚。 
その後この編集作業は「ジョーのガレージ」「シークヤブーティー」で頂点を迎えることに
なります。

また、その後日の目を見てはいませんがThe Little House I Used To Live Inの一部の
フレーズはTwinkle Titsという曲に変化したり、フロー&エディーのマザーズ時代には
holiday in Berlinに歌詞が加わったりします



previewです




名盤さんの声

(´-`).。oO(お次はHot Ratsの影に隠れて今一地味な印象のが漂う
「バーント・ウィーニー・サンドウィッチ」。 
しかしHot Ratsよりもこっちが好きって人も少なくない筈。
ちなみに私はそう。 
名義はマザース・オブ・インベンション。 
A面の美しさ、B面のド迫力。 

これも大推薦盤。


・バーントウィニーはアレがいーんだよ。
リトルハウス!
ドラムソロ前までの挿入もとい導入部が、もっ最高!
ビッグバンドのおいしーとこ総取りしたみたいでさ。
ちんこの裏筋なでられて、逝くゾ逝くゾ逝くゾ逝くゾーーー









私、今酔っぱらってます。


・玉ちん
リトルハウスの最初のピアノ部分、ちょっと音がぶれる所がない?
93年承認盤CDなんだけど。
漏れのだけ?それともマスターテープ自体がそうなのかな?


・ぶれてる。マスターがヨレてるみたい。
オリジナルLPの初期プレスは大丈夫っていう噂。
ttp://www.lukpac.org/~handmade/patio/vinylvscds/burntweenysandwich.html


・玉ちん
ソースまでありがとう!
"It sounds worse than a warble. It sounds like the tape broke."
ってみんな思うことは同じか...。

ピアノだけが聞こえてくる部分だからかなり興ざめなんだよなー。


・シュガーケイン・ハリスのバイオリンの切れがすばらしい!


・玉ちん
ジャケがいいなー。アンクルミート第二弾的で。
ザッパのジャケ(byカル・シェンケル)でとりわけ好きなのは、アンクルミートとBWS。
ネオンパークだけど、いたちもカコイイ!


・Zappa の中でこれが一番好きという私は変ですか?

ナニが好きって、"You'll hurt your throat. Stop it."
何度聴いても笑っちゃう。


・ホリディ・イン・ベルリン(・∀・)イイ!!


・Burnt Weeny Sandwichがプログレ好きにおすすめってのは同感。

基本的にカンタベリー・レコメンファン向けでしょうが
大曲のあまりにドラマチックな盛り上がりは
派手なプログレが大好きな人にも激しくおすすめ。
ザッパの毒々しさがやだってプログレッシャーも
これならいいんじゃないですか。


・Yellow Shark

Wplj 
ドゥーワップもの 

Igor's Boogie, Phase One 
Uncle Meetに通ずるインスト、佳曲

Overture To A Holiday In Berlin
マザーズならではのわざと下手な演奏、インスト
笑えます。Full-Blownに向けての布石でもあります。

Theme From Burnt Weeny Sandwich
全編にFZのギターがフューチャー、テーマ&ソロ
どことなく、初期のキングクリムゾンを感じます。

Igor's Boogie, Phase Two  
Phase One同様佳曲です

Holiday In Berlin, Full-Blown
Overture To A Holiday In Berlinと比べて下さい。
マザーズはこんなにかっこいいんだぜ!って感じます。
FZのギターSoloもいいです。Wow Pedalの使い方は
ギタリストは気にかけて聴くと良いです。

Abye Sea
とっても可愛いインスト。
ポップなメロディ、佳曲です。

The Little House I Used To Live In
出だしのピアノソロは素敵なクラシックの作品の様。
そこへ突然ドラムが乱入、ブラスも乱入。かっこいいよ!
Violin Soloが鬼気迫る演奏の後Pianoが淡々とsoloをはじめるがしかし,,,
その後の演奏は聴いてのお楽しみ。
名演!!!!!!!!!!!!!
後のWaka/JawakaやGrandWazooやYellowSharkへのIntro にさえ思える。
拍手鳴りやまず。観客の一人にあおられるものの、冷ややかに対応。

Valarie
締めくくりに、もう一発ドゥーワップの歌物。
とってももの悲しげなメロディー。アルバムを聴き終えるのが悲しい。

以上「バーント・ウィーニー・サンドウィッチ」の感想でした。



・バーント・ウィーニー・サンドウィッチ。 マジで名盤だと思いやす


・バーント・ウィーニー・サンドウィッチは頭と最後のドゥーワップ曲に
インスト曲がはさまれている、 だからサンドウィッチなんじゃないかな。



Burnt Weeny Sandwich

ファンじゃなきゃ殆ど知られてないこのアルバム。 
実は強力にお薦めです。


posted by ゲイル(偽者) at 20:47| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

10. Weasels Ripped My Flesh 1970





Weasels Ripped My Flesh.jpg
Weasels Ripped My Flesh 
いたち野郎
The Mothers Of Invention
(1LP / 1CD)

2012 UM盤
アナログ・マスターをBob Ludwigがミックス
アナログ盤に限りなく近いミックスに。
CD化の際にロング・ヴァージョンになった"Didja Get Any Onya?"は
オリジナル盤と同じ分数に戻されている。 


1. Didja Get Any Onya? 6:51→3:44
2. Directly From My Heart To You 5:16
3. Prelude to the Afternoon of a Sexually Aroused Gas Mask 3:48
4. Toads of the Short Forest 4:48
5. Get a Little 2:31
6. The Eric Dolphy Memorial Barbecue 6:52
7. Dwarf Nebula Processional March & Dwarf Nebula 2:12
8. My Guitar Wants To Kill Your Mama 3:32
9. Oh No 1:45
10. The Orange County Lumber Truck 3:21
11. Weasels Ripped My Flesh 2:08

Weasels Ripped My Flesh preview



●どんなアルバムなのでしょう?

インスト、歌もの混在


名盤さんの声

(´-`).。oO(CDの承認盤はアナログに比べて音質アップ!。 
一曲目「Didja Get Any Onya?」は6分のロングヴァージョンへ。  

ジャケもまたまた素敵。
ネオン・パークってリトルフィートのジャケ描いてなかったか??


・170
私がZappa初体験のプログレ愛好家に「最初の一枚」として勧めるのは
One Size Fits AllかBURNT WEENY SANDWICH。

所謂「5大バンド」系のメジャー好きな人にはOne size fits all.
カンタベリー系/レコメン系とか好きな人にはURNT WEENY SANDWICH.

   分かり易いでしょ


(´-`).。oO(さっきこれ聴いたらよかった 
特に オー・ノーからのオレンジ・カウンティの流れ。 
ついでにAHEAD OF THEIR TIMEも聴いちゃったよ
やっぱりその流れが美すぃ 「ギターでお前の袋を。。」のアレンジもいいなあ


・玉ちん
・このアルバムのおかげでドルフィを聴くようになった。Fire Waltz!
・ずっとあとの「釜理路ぶりろ」 にもShort Forest って言葉が出てくる。
Conceptual Continuity!
・ビーフハートTroutMaskReplica中の1曲と同じメロの曲あり。どれでしょう?
・じゃがたらがよくOhNo〜Weaselをよく演奏してたんじゃなかった?
・最強のロックチューン Orange County。


・名無しさん@そうだ選挙にいこう
久々に覗いてみたらザッパスレ発見。嬉しいね。

で、入門編に上の皆さんがあげられたののうちどれを買うにしろ、私は一緒に
「いたち野郎」も買っておくことをお勧めします。
最初はまあ「なんじゃこりゃ」と思うかもしれませんが、これを面白いと思うようになれたら
あとは何聞いても大丈夫です。


・過去ログ屋
いたち聴いてるのであげ


・初心者A
メロディの美しい曲って何がありますか?
できればそのアルバムタイトルも教えてください。


・フレンジー
「ホットラッツ」いいすね!!
俺は「バーント・ウィニー・・・」の勢いを活かして
「いたち野郎」お薦めします
「ギターでおふくろ殺してぇ」から「OH NO!」〜ラストノイズ「いたち野郎」の流れ、
絶品です
是非ご体験あれ


・いたち野郎にシフトしました。
へんな周期がありまして、ころころと好きなアルバムが変わっていきます。
いたち野郎はあの曲が聴きたくて...というのではなく
一枚、通しで聴きたくなるアルバムです。
中毒症状がでていたときは1年ぐらいの間ザッパ以外の
アルバムを掛けることがありませんでした。
なんだか他の音楽を受け付けなくなるんですよね




posted by ゲイル(偽者) at 01:54| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11. Chunga's Revenge 1970






Chunga's Revenge.jpg
Chunga's Revenge 
チャンガの復讐
Frank Zappa
(1LP / 1CD)

1. Transylvania Boogie 5:01
2. Road Ladies 4:10
3. Twenty Small Cigars 2:17
4. The Nancy & Mary Music 9:27
5. Tell Me You Love Me 2:33
6. Would You Go All The Way? 2:29
7. Chunga's Revenge 6:15
8. The Clap 1:23
9. Rudy Wants To Buy Yez A Drink 2:44
10. Sharleena 4:03

preview




(´-`).。oO(ここからはマザース期から一変して別バンドのようなスタイルへ〜。
チャンガはボーカルに元タートルズのフロー&エディーを迎たアルバム。 
かなり芸達者な二人ですが、ここではまだほんの小手調べ程度。 
次のアルバム「フィルモア」から爆発していきます。
  
チャンガの内容は、、、ロックありポップあり、ちょっと中近東っぽいフレーズな曲もあり、
今までと同じようにバリエーションにとんでますが、
マザースの匂いはあまり感じられないかも。。。
tell me you love me みたいなソリッドな曲も今回はやっております。
まあ、新しいメンバーも入って、新しい領域に入ってったってとこなんでしょうか。。
。。。。ところで、ソリッドって何だろう?
 
そうそう、、このバンド(通称タートル・マザーズとかフロー&エディーマザーズとか)、
人によって人気の差は激しいです。


・ソリッドってのはおめー、あれだ
鋭くとがった、てなもんだよ


(´-`).。oO(サンキュー。 例えていうとどんな曲? 
みてるとtell me you love meは「ソリッドなちゅうん」に含まれると思うの
ですが、、。


・たぶんザッパだと思うんだけど
「ザ・ベルトウェイ・バンディッツ」っていう曲を聴いて
「あいやぁ〜こりゃ合わん」と投げてしまった過去があるんですが
初心者向きでない曲だったのでしょうか。


・おぅや?
聴いたことねえ 曲だな。 。。。。。。。。。。。。。。。

あった。 調べたら あったぞおい。 今はチャンガの復讐ってえ盤の回らしいけど、
おめえ 俺が答えるぞ おい。 それジャズ・フロム・ヘルってえ盤だな。
あれは機械の音だなあ 通してきいたか? ジャズ・フロム・ヘル。
このスレだと十分先だなあ。 ちなみにおめえさん何聴くんだい。 

チャンガなんてどうだい?


・10年くらい昔「クロスオーバーイレブン」っていうラジオ番組で流れてまして
たまたまテープに入っていたのをくり返し聴いてたんですが
どうも肌に合わなかったというか‥‥。<ザ・ベルトウェイ〜
しかしこの一曲だけでザッパを語るというのもナンですし
「合わん」と思いながらも今だにこれだけ印象に残っているというのも
これまた何かの縁というものかと思いまして。

アルバムを通しで聴くとまた違った味わいがあるのでしょうか。



・味わえるようになるまで朝から晩まで聴き込むベシ!
拷問は果てしなく続くもの。


・おや?
おいおい 今聴いてみたぞ。 それ。 う〜ん ヘンテコな曲、、、。
昨日と明日が交差する時間帯にそれ聴いちゃ、嫌いになっちゃうかも、、、。

アレはシンクラヴィアっつう機械で作った音だから、同じく機械でつくった曲
ならせめて「What's New In Baltimore?」を聴いてみちゃどうだい?
 FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTIONに入ってるよ。
日本の題名はザッパ検閲の母と出会う だ。 だいたい同じ時期の盤だ 
ちなみにライブヴァージョンもあって おいはそっちがお薦めだ。 
そっちはDOES HUMOR BELONG IN MUSIC?に入っとる
Zoot Allures はカッコいいし、デュアン・オールマンのWhippin' Post
も入っとる こっちは人が演奏してるぞい


・なんか196さんの書き込みを見てたら
チャンガの方がだんだん気になってきました(W
ジャズ・フロム・ヘルはもっと先だそうですし
まずはチャンガから入ってみることにします。
拷問はそれまでのお楽しみにしときます。エヘヘ。


・「検閲の母」はコンピュータ自動演奏とロック曲が半々ぐらいだったと思うんだけど。
「What's New In Baltimore?」はロック・バンドの方だったような。


・玉ちん
チャンガって、お笑い路線&シビアなインスト路線の混合なので
結構初心者のおためし盤にいいかもしれないね。

鼻の長い電気掃除機 age。


・チャンガ位から、ザッパのギターは本格的になってくるのれす。


・マフィンマン
チャンガのWould You Go All The Way? とRudy Wants To Buy Yez A Drink。
ひたすら楽しいポップソングだな。
Chunga's Revengeのギターもカケーな
Sharleenaはこれのヴァージョンはバラード(ソウル?)っぽい。
俺のお薦めは「プレイグランド・サイコティクス」の"Sharleena"だね
ワイノマンからの流れはほんといいよ アップテンポなブルースロック風だと思う


ホットラッツ好きな人にはTwenty Small Cigars


・あくびチャンガ 投稿日: 02/04/21 03:49 ID:RaBW3IQo
チャンガはドラムテクが光ってる曲が多いので好き。熱いアルバムだね。
初回の緑色ジャケ盤ってUKだけなのかな?



(´-`).。oO(そうですね ドラムかっこいいですね! エインズレー・ダンバーです!

CHUNGA'S REVENGE

Frank Zappa g
Ian Underwood Organ,piano,winds
Max Benett bass
Aynsley Dumbar drums
Jeff Simons bass, vocal
George Duke お! vocal
Haward Kaylan vocal
Mark Volman vocal
John Guerin drum
Suger Cane Harris organ

オリジナル・マザーズからはイアンだけ。
解散後のHot Rats Bandあたりからの
マックスベネット、シュガーケインハリスが参加しております


おさらい
The Mothers Of Inventionは解散、
Mothers時代の音源もBurnt Weeny Sandwichと
Weasels Ripped My Fleshで放出してしまった
(本当はもっと沢山あるはずだが)

●Zappa新たなる旅立ち その第一弾。
このアルバムはMothers時代に比べてちょいロック色が
強くなります
・インスト、歌もの混在
・元タートルズ フロー&エディーが登場!

オススメです


posted by ゲイル(偽者) at 02:04| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。