2011年05月15日

61. Ahead Of Their Time 1933





Ahead_Of_Their_Time.jpg
Ahead Of Their Time 1933
Mothers Of Invention
(1CD Barking Pumpkin)

前作と同じく蔵出し音源。 
1968年10月28日、イングランド、ロンドンのロイヤルフェスティバル・ホールでのライブ。
オリジナルのマザーズ・オブ・インベンションっす。 
メンツはZappa、g & Vo
イアン・アンダーウッド Alt. sax & Piano
バンク・ガードナー tenor sax & Clarinet
モーターヘッド・シャーウッド Baritone sax & tambourine
ロイ兄貴 b & Vo(美しい)
ドン・プレストン key & odd noise(?)
アート・トリップ oercussion & Dr.
ジミ・カール・ブラック Dr.
+ BBC シンフォニック・オーケストラ(14人)
レイ・コリンズは不参加 

映画アンクル・ミートでちらっと見れます







・最初

>ロイ兄貴 (美しい)

って読んじゃって、「どこが?」 と思っちまった。スマソ。確かに美しい。

ルラ〜〜〜〜ラ〜〜〜〜ラ〜〜〜〜ラ〜〜〜〜ララ〜〜〜〜


・>ロイ兄貴 (美しい)
多分声(エイジェンシー・マン)だろうな だって容姿は(略
美しい容姿を持った奴なんてマザーズには(略
イアンでさえ(略
ところでベルリンの休日もロイ兄貴?


・漏れは「ベルリンの休日」のヴォーカルが美しい、ってつもりだったんだけど。
そうだね、「エイジェンシー・マン」の方でもファルセット聴かせてくれるよね。

そういやこれも前半がクラシック+寸劇(w
後半がバンドのライヴって感じで分かれてるね。

やっぱ初心者向けじゃないと思うけど、'60年代マザーズが好きなら全然OK。


・そっか最初のがベルリンの休日だったのかロイ兄貴の声だといつもエイジェンシーマンを
想像してしてしまう。
最後のメドレーは夜の帰り道に聴いた。 oh noで歌うし、「ドン、コン インミ インミ」って口ずさんで 、
オレンジカウンティーでは腰振ってしまうし、チャリ乗ってるときは蛇行しちゃう
メンバーはムサイ奴らばかりなのに可愛い曲ばかりで楽しいよ


・おはようございます
(´-`).。oO(とりあえず、このアルバムの雰囲気ですが、、
前半はBBCのオーケストラとの演奏+寸劇(?) 
後半はオリジナル・マザーズの有名メドレ〜 
ほいでもって全体的にインストルメンタルです(ボーカルが不在です。。)
アルバム「いたち野郎」に収録されてる部分もあります Ahead Of Their Time は編集無し。

(´-`).。oO( 個人的感想ですが、、
わたすがよく聴くのは16からのメドレー
ベストバンド(※訂正メイク・ア・ジャズ・ノイズ すみませんでした) でも聴ける可愛い曲群にのりのりだぁ!
19から20は「いたち野郎」より若干ピッチ早目でのりのりだぁ!
20のインプロの途中で手を叩いてしまった 自分自身がのりのりだぁ!
このアルバムではもちろん途中で終わらない 10分もあるインプロでのりのりだぁ!

これもワンコンサートもの 
ワンコンサートまるまる収録はヘルシンキ・コンサートに続いて2枚目っすね


・のりのりだぁ! はいいのですが、何故今(いや当時)にしてこれなんですか?
ファンからの要望が強かったんでしょうか?
オンステージ5のマザーズ編での馬鹿テクバンドとのカップリングで暗に「マザーズってホント
たいしたことないでしょ?」っていう意味合いでもなさそうだし
大体タイトルが「当時最先端(大山さんによる訳)」 ここではむしろ誇らしげ ハテ?
オリジナルのマザースの実力を否定してきてたザッパなだけにこのアルバムの存在は不可解です

ちなみに例の12枚組の切り売りでもないようです
何故なら「いたち野郎」自体が12枚組の一つって話だし、「アヘッド」はその「いたち」の元音源も
収録ってことで、別ものだと思うんです (文わかりにくくて スマソ)


・オンステージ#1の序文?を読むと、最初はアヘッド・・・の音源もオンステージで
使うつもりだったんだよね。でも途中で気が変わった、と。
「プレイグラウンド・・・」もそんな感じだったのかな。
オンステージの6までで収まりきらなくなった分を独立させたのかも。


・オンステージは初め10とかまでの予定だったと思うよ。


・サンクスコ


・そうだったのですか。 オンステージ、10まで出て欲しかったな。
でもザッパは音楽以外のものとも戦わなければならなかったし
最後のツアーに旅立った以後のアルバムリリースを見るとオンステージばかりをやってることは
できなかったんだろうな

最後まで猛烈な仕事ぶり おつかれさまでした



・てか、オンステージとコレとプレイグラウンド・サイコティクスと88年物を全部足すと20枚になると思うので、
約束は果たされたかと。


・このスレって、字が多いね。
読むの大変だYO!


・(´-`).。oO(


・ハリーユアビーストの入っているメドレー
がいいね。


・そういえば曲目が無かった

1.Prologue 3:07
2.Progress? (Preston/Underwood/Gardner/Tripp/Sherwood/FZ)4:44
3.Like It Or Not 2:21
4.The Jimmy Carl Black Philosophy Lesson (Black/FZ)2:01
5.Holding The Group Back (Estrada/Underwood/FZ)2:00
6.Holiday In Berlin 0:56
7.The Rejected Mexican Pope Leaves The Stage 2:55
8.Undaunted, The Band Plays On 4:34
9.Agency Man 3:17
10.Epilogue 1:52
11.King Kong 8:13
12.Help, I'm A Rock 1:38
13.Transylvania Boogie 3:07
14.Pound For A Brown 6:50
15.Sleeping In A Jar 2:24
16.Let's Make The Water Turn Black 1:51
17.Harry, You're A Beast 0:53
18.The Orange County Lumber Truck (Part I) 0:47
19.Oh No 3:22
20.The Orange County Lumber Truck (Part II) 10:40


・ジャケット開いたら出てくるカルのでかいイラスト。
豚とか鳥とかの人のモデルはやっぱりメンバーなのかな?

(´-`).。oO(そうでーす


61枚目のアルバム  Ahead Of Their Time  1993年4月リリース
(1CD、アナログ盤のリリースは無し)
1968年10月25日 ロンドンのロイヤルフェスティバル・ホールでのライブ
マザース ・オブ・インベンションとThe BBC Symphony Orchestra

・前半がクラシック+寸劇  後半がバンド(マザース ・オブ・インベンション)のライヴ
・マザース ・オブ・インベンションのライブですがボーカル不在の為、インスト構成
・人気曲はLet's Make The Water Turn Blackっからのメドレー、キング・コング、ロイ兄貴の歌声も素敵

カル・シュンケル作のジャケットは開くと大きくなってポスターにもなります
貼らないと思うけど・・・


で、初心者オススメ度は
・やっぱ初心者向けじゃないと思うけど、'60年代マザーズが好きなら全然OK。
こっちよりBeat The Bootsに先に手を出しちゃ駄目よ 


ってことで
まずはマザース ・オブ・インベンション、スタジオ盤の後にオススメでーす












posted by ゲイル(偽者) at 01:29| Comment(0) | OriginalAlbum1991-1996 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。