2010年10月04日

55.The Best Band You Never Heard In Your Life 1991





bestband-black.jpg
The Best Band You Never Heard In Your Life 1991
Frank Zappa
(2CD Barking Pumpkin)



disc 1
1.Heavy Duty Judy
2.Ring Of Fire●
3.Cosmik Debris 
4.Find Her Finer 
5.Who Needs The Peace Corps?/
6.I Left My Heart In San Francisco● 
7.Zomby Woof 
8.Bolero● 
9.Zoot Allures 
10.Mr. Green Genes
11.Florentine Pogen 
12.Andy
13.Inca Roads 
14.Sofa #1

disc 2
1.Purple Haze● 
2.Sunshine Of Your Love● 
3.Let's Move To Cleveland/ 
4.When Irish Eyes Are Smiling●
5."Godfather Part II" Theme●
6.A Few Moments With Brother A. West● 
7.The Torture Never Stops Part One/
8.Theme From "Bonanza"● 
9.Lonesome Cowboy Burt (Swaggart Version)
10.The Torture Never Stops Part Two 
11.More Trouble Every Day (Swaggart Version)
12.Penguin In Bondage (Swaggart Version) 
13.The Eric Dolphy Memorial Barbecue
14.Stairway To Heaven●

●・・・カバー曲



■どんなアルバムなのでしょう?
1988年ツアーのライブアルバムです

preview



名盤さんの声

・最近おいらが一番興味がある盤だす
みなさん情報よろしゅうに

・正直言ってこのアルバムが出た時は88年バンドのライヴ盤が出るとは思ってなかったんで
ビクーリした(ツアーからだいぶ時間経ってるし)
91年4月に発表されたとの事だが、俺は92年の2月上旬に下北沢のディスク・ユニオンで
輸入盤を初めて見かけました。 当時のカヴァーはこんな感じらしいが、
その時俺が購入したのはカヴァーの写真がなくて、写真があるべきところは真っ黒だった
10年経った今でも愛聴しています。
特に1枚目の後半のワンサイズフィッツオール・メドレーが大好きです


・俺的には曲が重複しまくっていて「ちょっとなあ、、」な感じ。
それまでライブアルバムに入ることのなかった曲が新鮮でイイ
あとはこのアルバムにはいつになくカバー曲が多いい
4.Find Her Finer オリジナル(ズートオリュアーズ)のよどんだ雰囲気がなくてやたら
元気がいい
5.Who Needs The Peace Corps?(we`are onnly,,,)がまさかここで登場するとは
思いませんでしたこれも新鮮。 とてもイイ。 

どうせならこういった今までライブアルバムに収録されなかった曲とカバーで占めて
もらいたかったな

8.Bolero あのボレロ。 
確かこのアレンジが遺族から反感を買って収録されていないヴァージョンもあるんじゃ
なかったか?

10.Mr. Green Genes(アンクルミート)歌有り。
11から最後までのワンサイズメドレーはちょと飽き飽きです 


・漏れもFlorentine Pogen〜Andy〜Inca Roads〜Sofa#1の
「One Size for Fitz」メドレー好きだな〜!
特に"Andy"は1988年バンドのが一番興奮する。


・(´-`).。oO(このライブアルバム、いつになくカバー曲が多いです
disc 1
2.Ring Of Fire ジョニー・キャッシュ作 カントリー・ウェスタソな人。 
アメリカの国民的歌手だそうです。
このライブ当日ザパはホテルで本人に会い、夜のショーの出演を取り付けた。 
が、彼の奥さんが突然病気になり、来れなくなり、急遽バンドは彼のヒット曲を練習し
、演奏することになった。
(冗談だと思いますが。。  ポリスの人がいたりすることもあるので・・)

6.I Left My Heart In San Francisco トニー・ベネットが歌って大ヒット グラミーもとりました。
8.Bolero あのボレロです。 モーリス・ラヴェル作曲。

disc 2
1.Purple Haze あのPurple Hazeです。 ジミへンです。
これと次のSunshine Of Your Loveはサウンド・チェックのものみたいです。 
ライブで演奏されたこともあるようです

2.Sunshine Of Your Love あのクリームのです 
4.When Irish Eyes Are Smiling ユージン・オニール作 この人ノーベル文学賞 受賞者。
5."Godfather Part II" Theme 珍走団もこよなく愛す ゴッドファーザーのテーマ、パート2。 
「ブロードウェイ・ザ・ハードウェイ」ではThe Untouchablesも聴けます
6.A Few Moments With Brother A. West 映画「日曜日はダメよ」のメロディを変奏
8.Theme From "Bonanza" TV番組「ボナンザ」のテーマ(西部劇)
14.Stairway To Heaven あのレッド・ツェッペリンの曲。 
4枚目のアルバム(無題)からのカバー。


・The Best Band You Never Heard In Your Life
88年バンド
ざっぱ Lead Gtr Vo Computer-Synth<シンクラビアの事かな?
アイクウィリス&マイクケネリーgtr&syn&vo
ボビーマーティンKey&vo エドマンmarimba E.per& Vibes(回転速度可変)
ヲルトファウラTrp,Fgh,Syn ブルースファウラ、ボントロ
ポーウルカーマン alt,soprano,baritone Sex
アルバートウィング Tener Sax カートマゲトリック BariSax,Bass Sax ,ContraBassClarinet
スコットチュニス Bass チャドワッカーマンDrs


・The Best Band You Never Heard In Your Life
14.Stairway To Heaven あのレッド・ツェッペリンの曲
あたし個人の意見だけどさ〜
ざっぱのこれは是非聞いてほしいの
ざっぱの手にかかるとあの名曲といわれる曲が
こんなににもユーモラスになるって事と同時にかっこ良くなる
ホーンセクションがやるジミーの完コピに笑ってほしい。

インカローズはこのバンドによって初めてライヴでも完璧な演奏されてるね。
バンド全体が同じリズム感持ってる。すごすぎ!
でもBGMでも流せるPOP感もある
とにかくすごいぞ!ざっぱのこのアルバム


・どうも88年バンド物のミックスが好きになれなくてブートの方を良く聴く。
コンプレッションが掛かり過ぎてるような。
InNYみたいな音で聴いてみたいよ。どうも迫力がそがれてるように思う。
それでもHeavyDutyJudyとかEatThatQustionは愛聴してる。
FindHerFinerはバルセロナでのビデオを見ると印象が一変するかも。
凄いんです、このバンドのFindHerFinerの完成度。
バルセロナではショーのハイライトになってる。


・あげあしとりではないんですが EatThatQustionはメイカザズノイズヒア

もっと普段聴けない曲入れてホスィかったヨ


・Stairway To Heaven の最後の一節からメンバー紹介への流れの中に漂う、
あのなんとも言えない物悲しさは一体何なのでありましょう。。。


・1988Bandは本当に凄い!改めて言うまでもないが...
ツアー用リハは 1987/10〜1988/02
ツアースタートは1988/02/02 Palace Thater, Albany NY
ツアーラストは 1988/06/09 Palasport, Genoa, Italy
(でこの後10週間分のコンサートはキャンセル...いくらの負債?)

存続期間は8ヶ月〜。ツアーリハの風景をまじで知りたい。
Taper系でも音すら殆ど出回ってないようだけど....

「The Best Band You Never Heard In Your Life」はその中でも
旧曲&カヴァー曲のベストセレクションだもんな〜!!


・MXでこのバンドの「Sleep Dirt」をリハでやっている映像を拾ったことあるよ。
2月12日の物らしく、このときのリハで他にイパネマの娘なんてやってたみたい。
で、この映像はザッパ家に渡ったらしいです。
今でも地下庫のどこかに眠っているんでしょうか。


・ドレミファ名無シド
ベストバンドの音をはじめて聴いたときの感想は「うひょー!!」でしたね。
Heave Duty Judyのソロは「黙って〜」に入っていたけど、導入部がどうなってるのか知らず、
ベストバンドのあまりにかっこ良いイントロにしびれた。One sizeメドレーもGood。
でもちょっとMr.Green Genesがモタっとしているかな。

・テュニスのベースの音聴いたときは???って感じでした。
サイバーな感じの、苦手なミックスされている。
ギターソロも、ちょっと取り留めのない感じがしてきて、腕が落ちたかなあとも思った。
でもAndyのギターソロは好き。

Eric Dolphy〜の集団インプロの、特に打楽器部分を大音量でかけると脳みそが爆発しますね。

こんなすごい、しかも変な音楽をブラス隊を使ってゴージャスに演奏するのは贅沢だよなあ。


・日本にも来るなんて話があったんだよな〜。
でもインタビューで「日本の人は俺のことなんて忘れてるだろ」なんて言ってて悲しかった。
日本への招聘は、小川銀次あたりが語っていたと思う。


・The Best Band You Never Heard In Your Lifeリリース一ヶ月前くらいに出ました。 
アナログ12インチとCDシングルです  
「Stairway To Heaven b/w Bolero」

あっしのはアナログれす、初めて聴いた時はもちろんのけ反りますた

stairway to heaven.jpg


・「ブロードウェイ・ザ・ハードウェイ」で少し感じたフロー&エディがいたらなあ
ってのは微塵も感じさせないですね
ホントに同じツアーからの音源なの!?って思っちゃう、、、


、、、ほど幅が広いね88年バンドは。


・でもレイ・ホワイトはやっぱ居てほしかったな。
一度88年バンドのリハーサルに来たけど、サンフランシスコの自宅に空き巣が入ったとの
電話を受けてすっ飛んで帰り、それっきりだったとか。
MAJNHの「シティ・オヴ・タイニー・ライツ」とかはやっぱりボビーじゃなくてレイのほう
がいいなーと個人的に思います。


・The Best Band You Never Heard In Your Life
このアルバムの最大の弱点はバンド凄すぎて
凄いことやってることが気付かない事。
あとこのCDのホーンセクションのバランスが
ブラスバンドっぽいのがかっこわるい


・>バンド凄すぎて凄いことやってることが気付かない事。

いえてるかも。 何か別のものと比べるとハタと気づくんだよね
おらは「黙ってギターを、、」でギターに集中しすぎてドラムまで頭回らんかった
このスレで指摘がいっぱいあって、聞いてみると、、、

うぉおおおおー あんたスゲエよ  になりました。


・で、お前らベストバンドのベストテイク教えて下さい

漏れはFind Her Fine−Who Needs The Peace Corps?が最高なのですが
どう?


・拷問は果てしなくPart2 に一票、うねうねと岩の間を這う蛇のようにのたくりながら
一定の緊張感を保ちつつ次第に頂点を迎えるギターソロが最高。
後半ダレ気味と感じる人もいるだろうし(俺は、アレはアレで好き)、
まあ あんまし評判良くないのかも知んないけど
このソロを聴いてると、FZが音楽について言ってた「空気の彫刻」とか
「時間の芸術」とかいう言葉が脳裏をよぎります


・(´-`).。oO(Find Her Fineに一票 


・「ブラザーウェストとのひととき」で途中からオッサンがキレる所が大変好きです。


・Stairway To Heavenがイイ


・フロレティン・ポーゲンにギターソロがついてるのが新鮮


・うちのCDボレロ入ってない…(´・ω・`)ショボーン


・TheBestBandYouNenerHeardInYourLifeのタイトル通り
わたしにゃ、どれも88年バンドの演奏ならではって事で全部好きですわ。
Heavy Duty Judyでステージが幕を開けギターソロかました後
ざっぱの「やあみんなこんちわ、今日の秘密の合い言葉はリングオブファイアだかんね。」と
始まり、Zepの天国への階段?メンバー紹介まで1曲って感じで聴いてしまいます。
A Few Moments With Brother A. WestやMore Trouble Everyday (Swaggert version)
Penguin In Bondage (Swaggert version)の歌詞をCD聴きながら理解出来たら
理解出来ないあたしはもっと楽しめるんだろうと思うっす。
ざっぱが最後ツアーに一人で行く前の88年ツアーのこのアルバムの最後に
天国への階段だったんだろう?何故か涙しちゃう。


・そうだねー 歌詞わかったらもっと楽しめるよねー


・ナッソーコロシアムでのStairway To Heavenはレゲエになってないらしいです。


・Inca Roadsの終わりから拍手が続いてて、
それがSofaがはじまってもしばらくの間重ねてあるんだけど、
実際に見れた人はホント拍手せずにはいられなかったんだろうなと思う。
すごい演奏だもん。




(´-`).。oO(The Best Band You Never Heard In Your Life
このアルバムには三つのヴァージョンが存在しまふ

1.ジャケットに88年バンドのステージ写真が使われているもの。
Best_Band_You_Never_Heard_In_Your_Life.jpg

2.それを真っ黒く塗りつぶしたヴァージョン
bestband-black.jpg

3.現行のカル・シュンケルによる新しいジャケット
best_band_new.jpg

確か1のステージ写真をジャケに使うことを許可したのはゲイル(本物)。 
そのステージ写真をジャケに使うと撮影者との間にクレジット、ギャラが発生する為に
Zappaが激怒。 黒く塗り潰されることになる。 
そして承認版ではカルの新しいジャケット使用(だったかしらん)。。。

それでもってカルが制作したニュー・ジャケットのベスト・バンドにも内容的に二つの
ヴァージョンが存在します

3のカルのイラストを使用した最初のヴァージョン、 
収録曲ボレロの版権所有者がZappaのアレンジを気に入らず、
再版以降の発売を差し止める動きに出るかもしれなかった。
そんでZappaは日本版からはボレロを抜いた形で再版。

4.しかしさして問題が大きくなかったのか、現在では再び収録されて発売中。
現在のは2枚組CDケースもスリムになり、CDの透明トレイの下にはカルのジャケットの
ドローイングを見ることが出来ます。 
もち現行盤ではボレロも収録。  
中古盤狙いの人はチョい注意。


内容的にはベストバンドによるベスト盤的内容で
初めての一枚としてもオススメです



95年UK版にはboleroは収録されていませんでした。
US版には収録されているようですが。
Posted by at 2010年10月19日 00:13


(´-`).。oO( 情報ありがとうございます

入ってないCDをまとめてみますと
情報頂いたように、UK盤
MSIの国内盤 上ので言えば2、MSI 80052/53
ヨーロッパ盤は黒いの(2)は収録されていませんが
1のステージ写真ver.には収録されているものとされてないもの両方存在するようです。

未確認ですが。
んーややこしい

2012年再発でジャケットが上記の2に変更になりました (son of ややこしい)



posted by ゲイル(偽者) at 00:15| Comment(1) | OriginalAlbum1991-1996 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
95年UK版にはboleroは収録されていませんでした。
US版には収録されているようですが。
Posted by at 2010年10月19日 00:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。