2010年07月19日

54.You Can't Do That On Stage Anymore Vol. 3 1989






54.ycdtosa3.jpg
You Can't Do That On Stage Anymore Vol. 3
Frank Zappa
(2CD Rykodisc)

●どんなアルバムなんでしょう? 
・いろんな時代のライブを集めた〜
息子のギターの腕前が上達した。
演奏中観客が暴れだした。
ツアー中には笑っちゃって歌えないこともある。

〜総集編その3

preview

disc 1

01. Sharleena 8:53
02. Bamboozled By Love/Owner Of A Lonely Heart
(FZ/Rabin/Horn/Anderson/Squire) 6:06
03. Lucille Has Messed My Mind Up 2:52
04. Advance Romance (1984) 6:58
05. Bobby Brown Goes Down 2:44
06. Keep It Greasey 3:30
07. Honey, Don't You Want A Man Like Me? 4:16
08. In France 3:01
09. Drowning Witch 9:22
10. Ride My Face To Chicago 4:22
11. Carol, You Fool 4:06
12. Chana In De Bushwop (FZ/Diva Zappa) 4:52
13. Joe's Garage 2:20
14. Why Does It Hurt When I Pee? 3:06

名盤さんの声

・このCDをかけるといきなりザッパのアナウンス
「紳士&淑女の皆様、私の息子のドィージルがシャーリナのギターソロやります。」
親バカぶりが微笑ましいです。息子のギターソロなかなかいいです。

・Disc1 
84年バンド

歴代バンドについてはこちらを。
http://fz-disc.seesaa.net/article/146288808.html

9.Drowning Witchに スティーヴヴァイGtr&エドマンPer加わるです。
このTakeは84年バンドでは完璧な演奏が出来なかった為82年バンドの
演奏とエディットしてあるそうです。Them Or Us の溺れる魔女は15か所の
繋ぎをほどこしたそうな。
個人的には歌ものザッパがとても楽しめるアルバムです。
アイクとレイの好調なハーモニーがあってこその84年バンドならではって気がします

6.Keep It Greasey
アイクの「ハイホ〜シルバ〜」のかけ声から始まる。
ザッパ笑い転げ3コーラス目まで歌えない。
やっとザッパ歌えたかと思うとアイクまたもや「ハイホ〜シルバ〜」
アラン&ボビーのうまさがみえます

7.Honey, Don't You Want A Man Like Me?
観客がザッパの歌詞に大いに反応、答えを観客大合唱
8.In France
ジョニーギターワトソンが歌ってるやつより
こっちのほうがノリがいいと思うのは私だけか?
3.Lucille Has Messed My Mind Up
ザッパのレゲエそれもこの世で一番美しいレゲエ
ザッパのギターソロも美しい 歌詞はこの世で一番女々しいかも。
ところでこのリードVocalはアイク?
と言うのは左chからリードVoが聴こえるんだが、まん中には
あのザッパ特有の低音がうっすらと聴こえる部分があるんだよ。

・アイクの"ハイホー・シルヴァー"攻撃に、笑いすぎで歌えなくなっちゃうFZ、(・∀・)イイ! 
FZも負けじと「ブロー・ジョブ」ネタで応戦。
Advance Romance でちょっと座を白けさせ気味になる(2:11頃)FZも、(・∀・)イイ!
Chana In De Bushwop でアラン・ザヴォードを押しのけデタラメに暴走するFZも、(・∀・)イイ!


・おお、来た来たこの作品。
これ、初めてまともに聞いた1984バンドなんだよね。
で、評判ではキーボードがショボイと。
聞いてたら、Keep It Greasyの合いの手のように入るキーボードのショボさ。
このときはマジでがっかりしたさ。
「何なのこのアラン・ザヴォッドって」って。
それだけでなく全体的に84年バンドはだめっぽかった。
んなわけで、「ダズ・ユーモア〜」も当分買う気が起きませんでしたとさ。

・でも、中古で「ダズ・ユーモア〜」買ってみたら、かなりいいんだよね。
この作品はまあ84年バンドの決定版たることを目指してたのだろうから、
相当いいテイクばかり選んだんだろうけど。YCDTOSA Vol3はいかにもアウトテイクって感じだもんね。

それにジャン・リュック・ポンティのEnigmatic Oceanでは、ザヴォッドはかなり良い仕事をしてるね。


・これヘルシンキより人気なのか?
 

・Sharleena ザッパ息子ドゥイージルが登場。 
しかししかしこのアレンジはチャンガの復讐とは大違い。
レゲエなリズムで演奏  ザッパのレゲエどうにかなんない?? 

2.Bamboozled By Love ←この曲自体が良くねえーヨ
3.Lucille Has Messed My Mind Up ←この曲自体がとてもイイ
5.Bobby Brown Goes Down どうしましょう 笑いがとまりません 

何がそんなに面白いの??
「ハイホーシルバー」って何なのさ   
オレモイレテホスィ

6.Keep It Greasey ←ずれてない? キーボード。 

すごく気になるのだが、、 

ずれてるのオレ??


7.Honey, Don't You Want A Man Like Me? 
ビデオのダズユーモアと同じバージョン。 
オレもビデオを見ることをオススメします


・ヘルシンキテープはルースやジョージデュークやら
テクニカルな部分が素晴らしいよね。
でVol3は歌に重心があると思わない?
どっちもいい記録だと思う。
どうだろ?


・そう思うヨ でもテクニックだけ見れば、
ヘルシンキのバンドよりも84年とか82年バンドの方が
馬鹿ウマだと思うな 
それでもRDNZLとかはヘルシンキのバンドの方に惹かれる不思議。
テクニックに目がいっちゃうのはむしろ82,4年バンドの方だな 俺的に。 


・そうかと思いきやCarol, You Fool、Ride My Face To Chicago、Chana In De Bushwopは楽しそうなんだよな
テクニック云々じゃなくて歌自体が聴いてて楽しい

答えになってないカモー  スマン



>答えになってないカモー スマン
いいのです。楽しくザッパ語れること自体幸せってもんです。
ヘルシンキマザースってリズム陣がちょっとスウイングしてるように感じます。
で上モノのマリンバやジョージがとってもスクエアなリズムが気持ち良いって感じます。
それとは逆に82年バンド以降はリズム隊がメトロノームのような性格さで
上モノが揺れてるって感じあります。
しかしながら80年代初頭のシンセはキーをたたいてから実際に音が出るまでの
タイムラグが結構ありましたから、アランが下手に聴こえるのは否めません。
これをわたしは揺れといってるかもです。


・あーそうそう それそれ。スィングしてるような感じが凄腕ロック
バンドみたく感じるところがある ヘルシンキバンドって。
それで84年バンドのリズム感。あれは凄いな。

俺もJoe's Garage一緒に歌いてー あの曲の歌い出しに観客沸くねー


・でしょ、でしょ!いっしょに歌いたくなる楽しさ満載のVol.3Disc1でしょ。
楽器の演奏も凄くいいけど、ハーモニーワークがカッコイイでしょ。

ところでin Franceのブルースハープはアイクかな?めちゃかっこいい!
レイのリフもメチャいい!
あと左から聴こえるリズムギター<アイク 右から聴こえるリズムギター<レイだよね?
溺れる魔女は編集バリバリのThemOrUsのほうがかっこいいけど
Vol.3の緊張感もいい。


・ハープはボビー・マーティンかな? Them Or Usのクレジットではそうだった。
ギターは左アイク右レイで合ってると思う。
「オン・ステージ」は基本的にステージの立ち位置にあわせてあるみたいだから。


・Bamboozled By Love はテクノ/ニューウェーブのバンドがザッパの曲を演奏してみたら
こうなりました、って感じで(オリジナル・ヴァージョンよりもこちらの方が)スキ。
リズムがカッチリしすぎてるところがザッパらしくないけど。
あとKeep It Greasey のキーボードはわざとリズムをずらしているとオモワレ


・あははロンリーハートのリフの上でザッパ ソロかましてくれてますね。
あたしゃザッパのユーモアが出てる84年バンドが凄い好き。


・あー Lucille Has Messed My Mind Upのレゲエリズムはいいね 曲に合ってる
ちょい訂正。

でも Sharleenaのはなあ。。


・Thunes&Wackermanのリズム隊というのは、歴代ザッパバンドの中でなにげに最強ではなかろうか
と思ってます。ソリッドさに関しては強烈無比。88年バンドになると、さらにこなれていて
手がつけられませぬ。

で、医者のお世話になったロードクルーって、誰よ?


・医者の世話ってのはこの「ソルトレイクシティーの娘」のこと?
ソルトレークシティーに来たザッパバンドの元に医者から電話があり
「黒髪の娘」には気をつけるようにとのお達しが。  
ザッパバンドが来る前にソルトレイクシティーで演奏したツアーグループの24人がその娘のせい
で嫌な思いをした。 しかしその警告はザッパバンドのツアークルーの何人かにとっては既に遅かった
コレ?   

オレはザッパバンドの誰がってより、、、

その前のバンドの24人ってのが、、、多すぎるかと




8.In France ←ザッパは何故こんなにもフランス人を攻撃する歌を作ったのか?? 
ポンティ一人のせいじゃないでしょ?  誰かおせーてくらさい  
それにしても某グループのイントロよりもこのライブのエンディングの国歌はハマってる。
なにより歌がモロにフランスに関係あるしね。
9.Drowning Witch ←何でこの曲はこんなに難しそうなのかー? 
10.Ride My Face To Chicago 楽しそうだね〜  
11.Carol, You Fool 楽しそうだね〜

13.Joe's Garage コレって人気あるんだなあ 大歓声だもんなあ
14.Why Does It Hurt When I Pee?


・<ポンティ一人のせいじゃないでしょ? 
ピエール・ブーレーズもその一人かも....


・ざっぱの昔のインタヴュー思い出しました。
インタヴュア「女性をばかにした歌詞ですね。」
ざっぱ「俺は女性だけじゃなく全ての人達をばかにしてネタにしてるよ。」
みたいな内容でした。


・これ読むと、特定のフランス人のせいというより、
フランス・ツアー中の悲惨な経験が元になってるみたい。
http://www.arf.ru/Notes/Them/infra.html


・Arf Societyのページ面白いですね。Arthur Barrowが事細かに答えて
いるのが良い感じ。あの人結構こまめに返事くれるので、あの時代で
分からないことがあったらArthurに聴くっというのも良いかもん。
(Vinnie/Arthur+Warrenの更にパワーアップした1979Bandがサーカステント
?で巡業をしていたとは.....)


・zappaの哲学では「言葉は差別に値しない(だっけ?)」もあるね


・それは多分「言葉はわいせつの対象にはならない」では?
(以下はユリイカ1994年5月号52ページより抜粋)

「俺は自分の書いてるものがきわどいとは思わない。なぜなら、俺は言葉がわいせつの
対象になるとは思わないからだ。そうは考えない。これは俺の哲学なんだ。あんたは不快
に感じるかもしれないし、隣に住んでるやつは不快に感じるかもしれない。だけど、
俺には言わなきゃならない事を、一番効果的なかたちで言う権利があるんだ。」




・disc2
01. Dickie's Such An Asshole 10:08
02. Hands With A Hammer (Bozzio) 3:18
03. Zoot Allures 6:09
04. Society Pages 2:32
05. I'm A Beautiful Guy 1:54
06. Beauty Knows No Pain 2:55
07. Charlie's Enormous Mouth 3:39
08. Cocaine Decisions 3:14
09. Nig Biz 4:58
10. King Kong 24:32
11. Cosmik Debris 5:13



disc 2は84年バンド色はチョイ薄くなります 
2のHands With A Hammerはテリー・ボッジオのドラムソロ。 日本公演から!
3のズートは編集されてて最初は2と同じ東京テイク、それと真ん中は82年の野外コンサートから。
4から6までは「You are what you is」の目玉メドレー
7では観客が暴れ出し、客席に向けて催涙弾が発射されてます 
もち「ポコン、ポコン」って音が収録されてます。
10のキングコングは71年と82年の編集バージョン。 
奇妙だけど面白いので聴いてみてちょ
いや〜もうお腹イパーイってな感じの後に定番のCosmik Debris。
YCDTOSA Vol.1のdisc1も濃いけど、これも中々濃いですワー


・細かいツッコミで申し訳ないが、ドラム・ソロ〜ズートは大阪公演なんだよね。
ザッパが生前に発表した日本公演の音源って、結局みんな大阪だったような。

「オン・ステージ」は全体的にブックレット記載のデータが間違ってるんで要注意だ。
日本版の特典ブックレットで茂木さんが年代順に音源をリストアップしてたけど、
間違ったデータを元にしてるからどうにも使えない代物になってた。
ご苦労様としかいえない・・・・


・Vol.3 Disc2
1.ロキシーのバンド
ざっぱLeadGtr&Vo 
チェスタートンプソン&ラルフハンフリーDrs
トムファウラーBass ブルースファウラーTrb
ナポレオンマーフィーブロックSax&Vo
ジョージデュークKey&Vo ルースアンダーウッドPer

2.テリーボッジオのドラムソロ
3.前半 来日バンドざっぱGtr アンドレルイスKey ロイエストラーダBass テリーボッジオDr
後半 82年バンドざっぱGtr スティーヴヴァイStuntGtr レイホワイトRhythemGtr
トミーマース&ボビーマーティンKeys 江戸男^h^h^hエドマンPer スコットチュニスBass チャドワッカーマンDr
4.5.6.7.9. 82年バンド
8.11. 84年バンドざっぱGtr アイクウイリス&レイホワイトRhythemGtr
アランザヴォッド&ボビーマーティンKeys スコットチュニスBass チャドワッカーマンDr
10.前半82年バンド〜sax solo以降は71年機材焼失&ざっぱ突き落とされ骨折直前バンド
ざっぱGtr&Vo マークヴォルマン&ハワードケイランVo
ドンプレストンKey イアンアンダーウッドKey&Sax ジムポンズBass エインズレーダンバーDr
ざっぱのギターソロが終わりテーマ以降82年バンドに戻り


・Cosmik Debrisはこれがベストライブテイクかと。


・1.マリンバ聴くだけでやられてしまう。エンディングはヨドバシカメラのテーマ
ざっぱ来日以前からヨドバシカメラファンか?!
(´-`).。oO(ネタにマジレスですが リパブリック賛歌です)
2.ボッジオ毎日ツアーで演奏続くと手が痛いのよ〜と泣き言言う割には
すっげードラムソロ叩きます。ちなみに日本公演、ぼっじお〜と呼び声がモロ日本語で聞こえます。
叫んだ人は当時女子高生<セーラー服だったらしい。
3.出だしはこれも日本公演から。恐ろしくゆったりとした演奏がとてつもない緊張を生み出してます。
フィードバックのコントロール凄すぎ!ギターソロから82年バンドの演奏<フォロー頼む。
<おれはきらいじゃない。

・4.5.6.7.9は82年バンド
左から聴こえるギターはスティーヴヴァイ よくもざっぱのこむずかしい書き譜を
弾きこなしたもんだ。>おい!ウォーレンククルロに告ぐ オフィシャルペイジで下半身さらす暇あるなら
Vai&Mike&をみならって音楽やってくれよおお。

・YCDTOSA Vol.3 Disc2
KingKongもうあと10分位で
ざっぱはある男にオーケストラピットに突き落とされちゃう〜〜〜〜

・確かテープの残りが無くてその音源(オーケストラピットに突き落とされちゃう)ないんだよね。

もしあったら「ワー、、、、、」「クチャ」とかいう音が収録されてたのだろうか?
チョットコワイ


・King Kong中で"I Wanna My Garden"をRepriseしているのが笑える!


・ ボジオのドラムソロの一部はSoup'n old clothesの頭と一緒だよね。
「マネージャーは自殺しちまうし…」とはRon Nehoda氏のこと。

Zoot はきれいだね。On Sage3のギターソロは秀作ぞろい。King Kongの最初の
ギターソロはザッパっぽくないね。アコギみたいな音だし。後のソロはハウる中、
何とかギターをコントロール。鬼気迫るソロ。


・King Kongの最初のざっぱのギターはちっこいおもちゃみたいなストラト
チューニングはF#というか全弦 長2度上げ


・フランス人についてのサイト、アリガト
亀レスでスイマセン 英語なので読むのに時間かかってます。



(´-`).。oO(そうでした。 「オン・ステージ」のブックレット記載のデータが間違ってて、
ファンから指摘を受けたザパ自身訂正していたりしますね。 
私もブックレットの日付そのまま書いてしまいました  どうもスイマセン。。。)

そうなってくるとどうやって日付をしらべるのか。。。  
むむ。。 ファンはどうやって調べたのか??
もしかしてブートに資料的役割が出てくる皮肉。。鴨  

この場合「Eyes of Osaka」とかが参考になるのかな


・アメリカやヨーロッパのテープトレーダーは凄いから。
ずいぶん昔から偏執的なまでに研究されてる。
70年代初期以降のほとんどのコンサートが断片なりコンプリートなりで流通している。
MXにもブートになってない音源がてんこもり。
そのものずばりのTapeTrackerっていうファイル交換ソフトも
napsなんかよりずっと早くから存在してるし。
Zappa自身も「本人より詳しい」と言ってた記憶が。



YOU CAN'T DO THAT ON STAGE ANYMORE, vol.3

ボビーブラウンで笑っちゃって歌えなくなるFZ。
イタリアで演奏中暴動が起きる
客席に向かって催涙弾が撃ち込まれる
などなど 
おすすめです





posted by ゲイル(偽者) at 03:08| Comment(0) | OriginalAlbum1986-1990 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。