2010年03月18日

50. Guitar 1988






50-guitar-128.jpg
Guitar 1988
フランクのギタッパ運指法
ギター
Frank Zappa
(2LP / 2CD Barking Pumpkin)



disc 1
Sexual Harassment In The Workplace 3:42
Which One Is It? 3:04●
Republicans 5:07
Do Not Pass Go 3:36
Chalk Pie 4:51●
In-A-Gadda-Stravinsky 2:50●
That's Not Really Reggae 3:17
When No One Was No One 4:48
Once Again, Without The Net 3:43
Outside Now (Original Solo) 5:28
Jim & Tammy's Upper Room 3:11●
Were We Ever Really Safe In San Antonio? 2:49
That Ol' G Minor Thing Again 5:02
Hotel Atlanta Incidentals 2:44●
That's Not Really A Shuffle 4:23●
Move It Or Park It 5:43
Sunrise Redeemer 3:58

disc 2
Variations On Sinister #3 5:15●
Orrin Hatch On Skis 2:12●
But Who Was Fulcanelli? 2:48
For Duane 3:24
GOA 4:51
Winos Do Not March 3:14
Swans? What Swans? 4:23●
Too Ugly For Show Business 4:20
Systems Of Edges 5:32
Do Not Try This At Home 3:46●
Things That Look Like Meat 6:57
Watermelon In Easter Hay 4:02
Canadian Customs 3:34●
Is That All There Is? 4:09
It Ain't Necessarily The Saint James Infirmary 5:15

●はCD化の際に追加収録



「もっとハードコアな奴はどうだい」?
ってことで出ました「黙ってギターを弾いてくれ」の続編
全編ギターソロのインストアルバム。  
ギュインギュイン言ってます。




名盤さんの声

う〜ん、発売直後に買ったのに、今の今まで大好きなWatermelonが収録
されていることを知らなかった俺は何者??
Disc 2まで行ってなかったってこと〜??
Variations On Sinister #3は何回も聴いた記憶があるのだが...


あっそだ。Variations On Sinister #3は"World Great Sinner"の
サントラの"Sinister Footwear"の頃にはまだなくて新たな続編だったような?
あれは"You Are What You Is"のやつのことか〜??


Which One is itが好きだったんだけど、
On Stageの5で完全バージョンが出てしまいますた。
「黙って〜」に比べるとあっさりしてるね。
チャドとカリウタの違いか。
曲名の由来が知りたいっす。
「Move it or park」なんてOn Stage 3の「Dickies〜」 とか連想しちゃいますね。
「Things that look like meat」って自伝で書かれていた
ビュッフェのことかな?


仕事場でのセクハラは即興演奏と思えんほどにすんばらしい出来。
確かに曲のタイトルが謎だが


SHIWP
当時はまだ日本にセクハラという言葉など無く、このアルバムでその存在を知りました。
セクハラといえば仕事場(つまり仕事上の上下関係により強要するセクハラ)なんですね。
なんという教育的なザッパだった。


(´-`).。oO(「仕事場でのセクハラ」ではジミヘンが燃やしたギター、
通称ヘンドリクス・ストラトを使ってます!)



50-guiter3.jpg

50-guiter6.jpg

50-guiter8.jpg

50-guitrer7.jpg


◆今回のアルバムは1979年から1984年の間の音源です

小さい情報ですが
ヘンドリクス・ストラトを使っている曲。
Sexual Harassment In The Workplace
Chalk Pie
Swans? What Swans?。


ドラマーはほとんどがチャド・ワッカーマン
カリウタが叩いている曲もあって
Outside Now
Systems Of Edges
の2曲がそうです。


Zappaを初めて聴く方には最初の一枚としてオススメできませんが
「黙ってギターを弾いてくれ」を聴いた後に、
「トランスフュージョン」を経由した後にオススメでーす



posted by ゲイル(偽者) at 22:52| Comment(0) | OriginalAlbum1986-1990 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。