2009年06月08日

21. BONGO FURY 1975





21-Bongo-Fury-347265.jpg

BONGO FURY
当時は来日記念盤として発売
放題「狂気のボンゴ
Zappa/beefheart/mothers

●どんなアルバムなんでしょう?

前作の前にキャプテンビーフハート(隊長)が
Zappaに助けを求めるところから始まる

隊長はあらゆる契約書に後先考えずサインしていたために
レコーディングもツアーも出来ない八方塞がりの状態になっていた。
Zappaは申し出を快諾(とは一言では言えないけどここら辺は非常に複雑でなんとも・・・
・・・)。

まずは変名、ブラッド・ショット・ローリン・レッド名義で
その前作One size fits allに参加。

そしてzappa/ビーフハート/マザーズとしてツアーに出る。
このボンゴ・フュリーはそのツアーの音源をベースに作られた作品。
内容はスタジオ録音とライブが半々くらい。
アルバム名義もZaapa / beefheart / mothersの連名で共作のように思われていますが
完全にZappaの指揮の下に作られています。


名盤さんの声

・ワンサイズから僅か4ヶ月後にリリース

Debra Kadabra
Carolina Hard-Core Ecstasy
Sam With The Showing Scalp Flat Top
(Van Vliet)
Poofter's Froth Wyoming Plans Ahead
200 Years Old
Cucamonga
Advance Romance
Man With The Woman Head
(Van Vliet)
Muffin Man


・マフィン・マン&テリー(ボジオ)初登場ですネ!
カロライナハードコアはコーラスの美しい名曲! 
俺はこのアルバムなぜか徹夜明けに聴きたくなる。
ちなみにイギリスでは隊長の契約関係で発売されなかったそうです。

(*イギリスでは隊長作品の権利を持っていたのはヴァージンレコード。
 ヴァージンはイギリスでの販売を差し止める。
 ヴァージンの要求は自社に所属するアーティストの作品であることを
 ジャケットに明記すること、利益配分の取り決めだった。
 そんなこと飲める訳もなくイギリスではリリースなし。
 イギリスのファンは輸入盤を探さなければならなかったようです)



(´-`).。oO(↑ ま、マジすか〜!? 
これも隊長のあらゆる契約書にサインの産物ですね。。。


・ ワラタ! 隊長(・∀・)イイ!!!


・公衆便所
Muffin Man聴いてると何故か泣きそうになりませんか?
なんか大いなる大団円って感じで。
FZと隊長の競演、もっと見たかったですね。


・ブルースファウラートロンボーン


・マフィンマン
もう一枚2人で作ればきっとボンゴより傑作が出来てたに違いない
それはバット・チェイン・プラーっていう形で実現 かと思いきや
裁判のあおりを喰ってお蔵入りに
バットは隊長のソロでフランクのプロデュース


・アイスクリームの半分はバットの音源らしいよ.


・バットの音源で、その後のアルバムに入ったのは詩の朗読だけだって


・ボンゴ・フューリーのザッパのギターのトーンはずいぶんとロックしているなあ。
ずいぶんストレートなディストーションが掛かっている気がする。

(´-`).。oO(
・キャプテン・ビーフハートの「ダスト・サッカー」聴いた人、
どんな感じか教えてください。


・ダスト・サッカーね.
まだデモって感じだけど、シャイニー・ビーストって、これのまんま再録
なのね(メンバー替わってるけどね)、って感じで、面白かった.
幻の未発表アルバム..ってな期待はしないほうが良いかも.
これの録音直前の、ジミー・カール・ブラックとかマジックバンドにいる頃の、
ライブ音源とか聴きたいなあ.出てくるのか知らんけど..


・ありがとうございます。
私も予約したので、明日とりにいってきいてみます!


・ダスト・サッカー聴いたよ! けっこう感動しちまった。


解説に書いてあったが・・・。
「トーテムポール」をアイスクリームのと聴き比べたけど、やっぱバットと別音源だな。


隊長スレになりかけてる。。

シャイニー・ビーストはホーンが(・∀・)イイ!!  


・ざっぱのギター(パフォーマンス社製。ダズユーモアのビデオでつかってるやつ)
もってる(買った)人っています?
ワタシは5年ぐらい前に買おうと思い(たぶん暑さで脳がちょっと)調べたら60万円ていわれて
正気にもどりました。


・言ってるギターはよく分からないけど、ザパ定番のSGを改造したヤツは欲しい。
GのSGをどう改造してるんだっけ?
脱レス申し訳ない。


・どう改造してたっけ?あほみたいにイコライザつけてはったんは
れすぽーる(黙ってギターのころ)でしたっけ?


・黙ギタ旧版解説によれば、「1フレット増やしてピックアップをダンカン社製のPAFに替え、
回路を1ヴォリューム・1トーン、ブースター内蔵とした」そうな。
ワタシにはちんぷんかんぷんですが。


(´-`).。oO(ゲイル的にはやっぱりジミヘンギターが(・∀・)イイ!!  ネ。 
あれってステージで使ったことあるのかしらん


  FRANK ZAPPA Guitar, Vocals
GEORGE DUKE Keyboards
NAPOLEON MURPHY BROCK Sax, Vocals
BRUCE FOWLER Trombone, Fantastic Dancing
TOM FOWLER Bass, also Dancing
DENNY WALLEY Slide Guitar, Vocals
TERRY BOZZIO Drums, Moisture
CHESTER THOMPSON Drums(200 Years Oldと Cucamonga)
CAPTAIN BEEFHEART
Harp, Vocals, Shopping Bags

CAPTAIN BEEFHEART on Vocals and soprano sax and madness!!
thankyou very much comming to the concerttonight, hope enjoyed it.
good night Austin,Texas wherever you are!!!!

ボーカルとれる人がZappa、テリーを含めると5人も。 豪華。


・お前ら ウンチクは雑誌や本で見飽きてるから実際どんな音が鳴ってるのか
詳しく教えて下さい
お願いスマス

・知ってる盤だけ登場
                             マチクタビレタ
    ☆ チン                    マチクタビレタ          
        ☆ チン  〃  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
          ヽ __\(\・∀・)<  ゲイル〜ボンゴまだ〜?
             \_/ ⊂ ⊂_)_  \____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|
        | ・  みかん   ・ |/  


(´-`).。oO(隊長、Zappa共演といっても全編ボーカルが隊長ではなかったりする  

そんな訳でどんな音が鳴っているか



Debra Katabra。 曲が暴れている 最高だ。
Zappa/Beefheart名義であることの期待を裏切らない

Carolina Hard-Core Ecstasyは美すィ。 曲は。
歌詞は・・・

Sam With The Showing Scalp Flat Topの始まりは隊長の詩の朗読
ん〜 しかしこれは朗読っていわないかも。 
隊長の朗読を後ろでもり立てるマザース


で、よい意味で肩透かしなPoofter's Froth Wyoming Plans Aheadに突入
ポップな曲調


個人的にお勧め曲”Cucamonga ” 懐かしいフレーズも飛び出すヨ
そっから繋がる この後ライブで定番の曲になるAdvance Romanceもカコイイ。 

Man With The Woman Head 隊長の詩の朗読 
これもバックの盛り上げがカコイイ

Muffin Man   
最後って感じですね  


希望としてはもう一枚隊長と作って欲しかった 
なんだか隊長が病み上がり的な感じがして。。。
それは隊長のバット・チェイン・プラーってことになるんだろうか?? 
結局バットはお蔵入り。 
(*Zappaは制作費とエンジニアを送り込んだだけでした)

先日久々にレコード屋に行けたんだけど、ダスト・サッカーの日本盤が入荷してた
ジャケにはスタジオセッション(多分同時期のセッション)って書いてあるのに
帯にはオリジナル バット・チェイン・プラーって臭わせる文があるなあ
だいたいそしたら、「これはあのバット・チェイン・プラーです」みたいに書くでしょ


・隊長がステージ上で椅子に腰掛けて、Zappaと向き合っている写真
見たことあったけど、ステージの間中ほとんど客席に背を向け椅子に座り
お絵かきをしていたとは ..... それもザッパ先生を悪魔仕立てにして....


(隊長は自分の出番以外ではお絵かきをしていたらしいですね・・・)




狂気のボンゴ

なんだか皆さんの感想を読むとちょっと後回しにしたくなる盤ですね
でも、名曲も沢山です

この後ライブで定番になるCarolina Hard-Core Ecstasy、Advance Romance、
最後の曲によく演奏されるMuffin Manなどなど
そして来日メンバーでもあったテリー・ボジオ初登場盤です





バット・チェイン・プラー

「トラウト・マスク・レプリカ」、「リック・デカールズ・オフ、ベイビー」にも匹敵する
と言われた「バット・チェイン・プラー」は、オリジナル・マザーズからのマネージャー、
ハーブ・コーエンとZappaの訴訟問題に巻き込まれ発売を阻止されてしまった。

バット・チェイン・プラー収録曲は新たにレコーディングされ
その後のアルバムShiny Beast (Bat Chain Puller) ,
Ice Cream for Crowに振り分けて
収録されています。


ダストサッカーはその時のセッションを収録した
ブートレグ同然のアルバムでした。

マスターテープはザッパ家の地下室に眠っている

posted by ゲイル(偽者) at 03:43| Comment(0) | OriginalAlbum1975-1979 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。