2009年05月31日

11. Chunga's Revenge 1970






Chunga's Revenge.jpg
Chunga's Revenge 
チャンガの復讐
Frank Zappa
(1LP / 1CD)

1. Transylvania Boogie 5:01
2. Road Ladies 4:10
3. Twenty Small Cigars 2:17
4. The Nancy & Mary Music 9:27
5. Tell Me You Love Me 2:33
6. Would You Go All The Way? 2:29
7. Chunga's Revenge 6:15
8. The Clap 1:23
9. Rudy Wants To Buy Yez A Drink 2:44
10. Sharleena 4:03

preview




(´-`).。oO(ここからはマザース期から一変して別バンドのようなスタイルへ〜。
チャンガはボーカルに元タートルズのフロー&エディーを迎たアルバム。 
かなり芸達者な二人ですが、ここではまだほんの小手調べ程度。 
次のアルバム「フィルモア」から爆発していきます。
  
チャンガの内容は、、、ロックありポップあり、ちょっと中近東っぽいフレーズな曲もあり、
今までと同じようにバリエーションにとんでますが、
マザースの匂いはあまり感じられないかも。。。
tell me you love me みたいなソリッドな曲も今回はやっております。
まあ、新しいメンバーも入って、新しい領域に入ってったってとこなんでしょうか。。
。。。。ところで、ソリッドって何だろう?
 
そうそう、、このバンド(通称タートル・マザーズとかフロー&エディーマザーズとか)、
人によって人気の差は激しいです。


・ソリッドってのはおめー、あれだ
鋭くとがった、てなもんだよ


(´-`).。oO(サンキュー。 例えていうとどんな曲? 
みてるとtell me you love meは「ソリッドなちゅうん」に含まれると思うの
ですが、、。


・たぶんザッパだと思うんだけど
「ザ・ベルトウェイ・バンディッツ」っていう曲を聴いて
「あいやぁ〜こりゃ合わん」と投げてしまった過去があるんですが
初心者向きでない曲だったのでしょうか。


・おぅや?
聴いたことねえ 曲だな。 。。。。。。。。。。。。。。。

あった。 調べたら あったぞおい。 今はチャンガの復讐ってえ盤の回らしいけど、
おめえ 俺が答えるぞ おい。 それジャズ・フロム・ヘルってえ盤だな。
あれは機械の音だなあ 通してきいたか? ジャズ・フロム・ヘル。
このスレだと十分先だなあ。 ちなみにおめえさん何聴くんだい。 

チャンガなんてどうだい?


・10年くらい昔「クロスオーバーイレブン」っていうラジオ番組で流れてまして
たまたまテープに入っていたのをくり返し聴いてたんですが
どうも肌に合わなかったというか‥‥。<ザ・ベルトウェイ〜
しかしこの一曲だけでザッパを語るというのもナンですし
「合わん」と思いながらも今だにこれだけ印象に残っているというのも
これまた何かの縁というものかと思いまして。

アルバムを通しで聴くとまた違った味わいがあるのでしょうか。



・味わえるようになるまで朝から晩まで聴き込むベシ!
拷問は果てしなく続くもの。


・おや?
おいおい 今聴いてみたぞ。 それ。 う〜ん ヘンテコな曲、、、。
昨日と明日が交差する時間帯にそれ聴いちゃ、嫌いになっちゃうかも、、、。

アレはシンクラヴィアっつう機械で作った音だから、同じく機械でつくった曲
ならせめて「What's New In Baltimore?」を聴いてみちゃどうだい?
 FRANK ZAPPA MEETS THE MOTHERS OF PREVENTIONに入ってるよ。
日本の題名はザッパ検閲の母と出会う だ。 だいたい同じ時期の盤だ 
ちなみにライブヴァージョンもあって おいはそっちがお薦めだ。 
そっちはDOES HUMOR BELONG IN MUSIC?に入っとる
Zoot Allures はカッコいいし、デュアン・オールマンのWhippin' Post
も入っとる こっちは人が演奏してるぞい


・なんか196さんの書き込みを見てたら
チャンガの方がだんだん気になってきました(W
ジャズ・フロム・ヘルはもっと先だそうですし
まずはチャンガから入ってみることにします。
拷問はそれまでのお楽しみにしときます。エヘヘ。


・「検閲の母」はコンピュータ自動演奏とロック曲が半々ぐらいだったと思うんだけど。
「What's New In Baltimore?」はロック・バンドの方だったような。


・玉ちん
チャンガって、お笑い路線&シビアなインスト路線の混合なので
結構初心者のおためし盤にいいかもしれないね。

鼻の長い電気掃除機 age。


・チャンガ位から、ザッパのギターは本格的になってくるのれす。


・マフィンマン
チャンガのWould You Go All The Way? とRudy Wants To Buy Yez A Drink。
ひたすら楽しいポップソングだな。
Chunga's Revengeのギターもカケーな
Sharleenaはこれのヴァージョンはバラード(ソウル?)っぽい。
俺のお薦めは「プレイグランド・サイコティクス」の"Sharleena"だね
ワイノマンからの流れはほんといいよ アップテンポなブルースロック風だと思う


ホットラッツ好きな人にはTwenty Small Cigars


・あくびチャンガ 投稿日: 02/04/21 03:49 ID:RaBW3IQo
チャンガはドラムテクが光ってる曲が多いので好き。熱いアルバムだね。
初回の緑色ジャケ盤ってUKだけなのかな?



(´-`).。oO(そうですね ドラムかっこいいですね! エインズレー・ダンバーです!

CHUNGA'S REVENGE

Frank Zappa g
Ian Underwood Organ,piano,winds
Max Benett bass
Aynsley Dumbar drums
Jeff Simons bass, vocal
George Duke お! vocal
Haward Kaylan vocal
Mark Volman vocal
John Guerin drum
Suger Cane Harris organ

オリジナル・マザーズからはイアンだけ。
解散後のHot Rats Bandあたりからの
マックスベネット、シュガーケインハリスが参加しております


おさらい
The Mothers Of Inventionは解散、
Mothers時代の音源もBurnt Weeny Sandwichと
Weasels Ripped My Fleshで放出してしまった
(本当はもっと沢山あるはずだが)

●Zappa新たなる旅立ち その第一弾。
このアルバムはMothers時代に比べてちょいロック色が
強くなります
・インスト、歌もの混在
・元タートルズ フロー&エディーが登場!

オススメです


posted by ゲイル(偽者) at 02:04| Comment(0) | OriginalAlbum1970-1974 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。