2009年05月25日

1. Freak Out! 1966





●(アルバムジャケット)

●(アルバムタイトル) ●(発表年)
●(アルバムタイトル、邦題。 複数邦題があるものもアリ)
●(名義)
●(LP、CD)

●(どんなアルバムなんでしょう? 
 これは結構無理矢理です こじつけです)

●(曲目)


==============================================


Freak-Out-9ec71.jpg

Freak Out! 1966
フリークアウト
The mothers of invention
2LP / 1CD 国内盤も2LPですよー 写真でしか見たことありませんが。
当時の帯→「-アートロックの先駆者、フランク・ザッパの野心作!!-」

1. Hungry Freaks, Daddy
2. I Ain't Got No Heart
3. Who Are The Brain Police?
4. Go Cry On Someone Else's Shoulder
5. Motherly Love
6. How Could I Be Such A Fool
7. Wowie Zowie
8. You Didn't Try To Call Me
9. Any Way The Wind Blows
10. I'm Not Satified
11. You're Probably Wondering Why I'm Here
12. Trouble Every Day
13. Help, I'm A Rock
14. The Return Of The Son Of Monster Magnet



どんなアルバムなんでしょう?

・記念すべきデビューアルバム!
 
アルバム全体を貫く「Freak Out宣言」!
それがコンセプト
 byケニヨン


発売当時の記事(自伝より)
これをシュールレアリズム絵画の音楽版と呼ぶ人もいると思う。
わけがわからない音楽をレコードの両面に録音するだけでは
満足せず、MOIは、彼らが勝手に「芸術」と考えているもので
4つの面すべてを埋め尽くした。 このアルバムを買った人が
万が一にもいるのなら、何がどうなっているのか教えてもらい
たいものだ。
才能はあるが常軌を逸している5人組、
ザ・マザーズ・オブ・インベンションは、「FREAK OUT!」という
なんとも詩的なタイトルをもつアルバムの父となった。 所得税
がこの世に現われて以来、 このアルバムほど頭痛薬業界を
喜ばせる物はなかったであろう

Johnson, Pete. Review of Freak Out!. Los Angeles Times. August 1966.


プレビューです



・強引に言うとA面、B面は割りと普通の(に聴こえる)ロック。 B面、C面は変な曲達。 

最初はこんな風に聴こえることでしょう 
アナログは2枚組みでしたが現在はCD1枚に収まる形でリリースされています。
紙ジャケット形式でも1CDです。









名盤さんの声

・フリークアウト! 全てはここから始まる。
(フランク・ザッパを聴いてみたいんですが〜part2)


記念すべきデビューアルバム。 
曲が出来過ぎた為に2枚組に。
デビューから2枚組なんて普通なし とりあえず大昔なので前代未聞。
もともとマザースというバンド名だったのだが、
レコード会社が「マザー・ファッカー」を連想させると言う理由で
ザ・マザース・オブ・インベンション(発明の母)に改名。


・Freak out! の初心者お勧め度は10でいえば6くらい。。。


・でも、Freak out! ってそんなに人気ないわね。。。
書くことは記念すべきデビュー盤って以外にそんなにないし。。
評論家の人達がよく名盤シリーズ云々って特集するけど、、
絶対に「ザッパはFreak out! 入れときゃいいよな」的に思ってるはず。
全部聴いたことある人なんてまるっきりいないわね

そういえばザッパといえばうんこ。
でもステージでジム・モリソンがうんこしてフランクがそれを食べたってのは
嘘だからね。 
つーかこの有名な話をマジで信じてる人が大勢いて困りもの

喰わねえだろ普通 うんこ。


・Freak Out! ビルボード139位、23週チャートイン


・「マザーズ・オブ・インベンションの音楽は非常なる少数派とでも言うべき、
全ての事象の周辺にいる人々の感情を表現している。
インやアウトを気にしない人々、そんな奴等がマザーズ・オブ・インベンションが
たどり着きたい観衆だ。 自分自身の内に、社会の変化を起こしたり促したりする力を
持っているが、何らかの理由でその力を使ったことのない人達。
そういう人達の為に演奏したいのだ。」

だそうです


・フリーク・アウト!  佳曲揃いですね とてもいいです 
ですが、アルバム一枚(2枚)トータル性があるとは言い難い
寄せ集めって感じですか

ま、買った当初に聴きすぎて最近では一枚通して聴くのはおっくうです
たまにAny Way The Wind Blows、You Didn't Try To Call Me を
聴くために引っ張り出すくらいですね この曲達は本当に名曲だと思います


・ところで初めてCDでリリースされたFreak Out!もIt Can't Happen Hereは
クレジットされてないよ


・一曲目のfreakoutはザッパの壮大な叙事詩の幕開けーって感じの雰囲気で好き
ギターソロに早くもFZらしい手癖の悪さが見え隠れしてるあたりイイ
あと音楽には全然詳しくねーんだが
Iain'tgotnoheartの終わりとWhoarethebrainpoliceの中盤、HelpImarockの中盤あたりに
挿入されるデンデロデンデロ……って部分が好き






・スペース空けてくれ。


・出先からよくあるファッキュー
Q. んで、中古で欲しいんだけど今ならどれが買えるの?

A.
○現行盤95年CD('93年マスター)
US Ryko RCD 10501
JPN VACK 5101(1998年に5236に変わった)
紙ジャケはRyko/VACK 1203
「編集作業は作曲の延長」であるザッパなのでこれ以降リマスターが出たとしても
本人が承認したコレが決定版。
(2012年再発盤もマスターは同じ)

○オリジナルCD Freak Out!は1987年リリース
'95年CDとはミックスがことなるようですヨ 中古で手に入るかも
US Ryko RCD40062
UK Zappa Records CDZAP1
JPN VACK 5021

○オリジナル・ビニール盤
洋邦問わず大枚5枚(もしくはそれ以上)を覚悟して下さいナ
・Original blue Verve V-65005-2
・Mono blue Verve V-5005
モノは当然ミックスが違っててがステレオ盤とは長さが違う曲があるようですヨ
・日本盤 Verve SMV-9045/46
なんか豪華なライナーがついてるようですヨ


・漏れのフリークアウトはRyko RCD 10501。
初めてレコード番号みるのが楽しめた瞬間。


スレ違いすいません


・モノ盤のTroubleには頭にハイハット一発入っているのがゆーめい。


・僕のもRyko RCD 10501。

mono盤も聴いてみたいねー


・間違えた、スネアだったか。
Mono盤しか持ってないからstereoとの比較はできないけどCDとは違う。
You didn't try to call meの最後が違う。特に2枚目が大きく異なる。
CDでは消されてしまったコーラスとかが一杯入ってる。


・いいなあ モノ盤。
ってことは印象はかなり違う っつーことですね。

ビートルズもそうだったけどなぜにしてmono盤ではミックスが異なるのだろう?
ちょっとしたアソビ心ですか? それとも必要に迫られて?
ハイハット、もしくはスネアから曲に入るなんて 必要に迫られて ってことでは
ないだろうけど。。。。。。


・↑ 直します
わざわざ他にはない音を入れるところなんてのが
必要に迫られてって言うよりアソビ心なんじゃないかと思いまして
それよりいろんなミックスを試してみたかったんでしょうか?


・山崎 渉
(^^)


・iTunesにZappaのアルバムを30タイトル位入れてあって
ザッパをBGMにしてお酒飲んで、そのまま寝込む事があるのですが
目覚めると何故かFreak Out!かかっている事が多いです。
ザッパって何から聴いたらいいの?って人にはあまり勧められ無いけど
個人的には結構すきかも知れません。睡眠学習したようです。
以下蛇足
ちなみにパンタ率いる『頭脳警察」はWho Are The Brain Police?から命名
世界革命戦争宣言がレコ倫に抵触、1stアルバム発売中止になりました。
 
ムーソさんすれたててくれてありがとう


・漏れもCDで発売になってから頭脳警察聴いてみました
ザッパ的なモノを求めると辛いかもしれないけど
とても良かったですヨ
漏れは赤軍兵士の詩がヨカタです


・あたしのFreak Out! のCDのジャケットを引っ張り出して裏を見ると
スージークリームチーズの文章がのってます。
以下酔っ払いの訳

あのマザーズってクレイジー、彼らの着てる物でわかるよね。
ビーズをつけたあいつと、彼ら全部、臭いのです。
<途中略>
私が行ってる学校の子はこんなマザーズを好きなひとなんかいません…。
特に、私たちの先生が彼らマザーズの歌の意味を教えてくれて以来。


・フリクアウトはデビュー前の曲を放出って感じ
セカンドが実質デビュー・アルバムっぽい
イントロからしてそんな感じしない?
早く次のアルバムにいこー

v
・昨夜も酔っぱらってiMacのiTunesをかけっぱなしで寝て、Hungry Freaks, Daddyが
かかった所で目覚めました。
で、ありがと はー あたりで起き出してそのままFreakOut!を聴いてました。
FreakOut!って散漫な印象があるでしょうが、あたしにはこのアルバム以降の
作品のネタ降りに聴こえます。トリビアの種みたいなアルバムだと再確認しました。
今となっては、ザッパを一杯聴いた後でこのFreakOut!を聴くとザッパは最初から
ザッパだったと気付きます。ついでにロストエピソードのRun Home Slowも聴いておくと
ザッパの音楽はデヴュー前から確立されてたと思います。

以下妄想
ザッパぱは若い頃にすでにYellow Shark までの構想があったのでは?と思う。

Help, I'm A RockからThe Return Of The Son Of Monster Magnetを
聴くとトランスミュージックの原点って感じですね。
#あたしのCDにはIt Can't Happen Hereの表記はありません。


・シビライぜーション・フェイズ3は60年代後期から
レコーディング開始だしね
一生を費やしての作品と言えなくもない
構想は成長と共に膨らんでいった のカモ

・*
でけでけでっ・・・
でけでけでっ・・・

help im a rock・・・
help im a rock・・・




1967moi.jpg


fz-2012.jpg
2012の再発でFreak Outはリマスタリングはされておらず
前のCDと同じ聴こえ方です
ですので今のところは(´-`).。oO(買い換えなくていいと思いますよ〜

大きく違うのはアナログ盤、つまりLPレコードです
アナログ盤のミックスを聴くには
MOFO(The MOFO Project/Object)をどうぞ
(MOFOとは"Freak Out"のアウトテイクなどが収められたBox(のようなもの)です
コレについてはまたいずれ)
(´-`).。oO(「どうぞ」とか言って通販ですし入手は面倒なんですが・・・
mofo.jpg

こういうのこそリリースから時間が経ったらnet配信してくれないだろうか







posted by ゲイル(偽者) at 03:58| Comment(0) | OriginalAlbum1966-1969 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。